外部アプリなしでOK、スマホのキーボード背景を好きな壁紙(画像)に変更する方法

Androidスマホでのやり方を紹介

Androidスマホでキーボードの背景画像が変わっているのを見かけたことがあるでしょう。こういった仕様変更は専用のきせかえアプリを使うイメージですが、実はGboard(ジーボード)やATOK(エイトック)といった標準搭載のキーボードにも背景変更の機能は搭載されています。外部アプリを使わずともキーボードの背景は変えられるというわけです。

そこで本記事では、GboardとATOKのキーボードで背景画像を変更する手順を解説。そのうえで、より凝ったカスタマイズをしたい人向けにアプリを使ったきせかえ方法も紹介します。

背景変更に対応したキーボードとは?

キーボードの背景変更はAndroid OS自体に備わっている機能ではなく、特定のキーボードに付属する機能です。

iPhoneと違って、Androidスマホはメーカー・機種ごとに標準搭載されているキーボードの種類が異なります。まずは、壁紙変更に対応しているキーボードとしていないキーボードをチェックしましょう。

壁紙変更に対応しているキーボード
  • Gboard(ジーボード)
  • ATOK(エイトック)
壁紙変更に対応していないキーボード
  • Galaxyキーボード
  • S-Shoin(スーパーショイン)
  • POBOX

筆者が調べた限り、標準搭載されているキーボードのなかで背景変更に対応していたのは「Gboard」と「ATOK」でした。

最近のAndroidスマホには、機種やメーカーを問わず「Gboard」がプリインストールされているケースがほとんどです。たいていの人は、今の状態のまま(キーボードアプリをインストールせずに)背景を変更できるでしょう。

自身の使っているキーボードアプリを把握していない人は、設定アプリの「システム」や「一般管理」からGboardを探してみてください。「画面キーボード」の一覧にGboardが見つからなかった場合は、下のボタンからGboardアプリをインストールして有効化させておきましょう。

アプリ「Gboard」をダウンロード

Gboardでキーボードの背景を変える方法

まずは多くのAndroidスマホにプリインストールされている「Gboard(ジーボード)」での設定方法を紹介します。

キーボード上のパレットアイコンをタップ

まず、メモ帳やGoogle検索、LINEのような文字入力ができるツールを開き、入力画面を表示させましょう。

キーボード上部のパレットアイコンをタップ。キーボードのテーマ選択画面に遷移したら、[+マイテーマ]を選んでください。

設定したい画像を選択

端末のファイルマネージャーが開くので、設定したい画像を選択します。Googleフォトや他のフォトストレージなどから選んでもOKです。横3:縦2くらいの比率の画像だと、全体がちょうどよく背景に入ります。

サイズや明るさ、枠などを調整する

画像のサイズをキーボード背景に合うように調整したら、[次へ]をタップ。明るさを決めて[完了]を押すと、最終確認画面が表示されます。好みに合わせてキーの外枠のオンオフを設定したら[適用]ボタンを押しましょう。これでキーボードに壁紙を設定できました。

なお、戻したい場合は前述と同じ要領でキーボード上のパレットアイコンをタップし、デフォルトの[システムのテーマ]をタップすればOKです。

ATOKでキーボードの背景を変える方法

続いては、arrowsやZenFoneシリーズで標準搭載されているキーボード、ATOK(エイトック)で背景画像を変更する方法を紹介します。

ATOK設定を開く

まず、メモ帳やGoogle検索、LINEのような文字入力ができるツールを開き、入力画面を表示させましょう。

あA1キーを長押しして、展開したメニューからATOK設定に進みます。

テンキーのテーマから「Custom」を選択

設定メニューから画面・表示を選択し、テーマに進みます。

テーマの一覧を一番右までスワイプし「Custom1」か「Custom2」に合わせたら編集ボタンをタップします。

設定したい画像を選択

既存の背景画像「ここをタップ」部分を押すと端末のファイルマネージャーが開きます。設定したい画像を選択しましょう。デフォルトのキーボードサイズなら、縦3:横5くらいの比率だとちょうどよいサイズ感になります。

好みの画像を設定できたら保存をタップします。プレビュー画面が表示されるので、問題なければOKを押してください。

flickでキーボードの背景を変える方法

「より凝ったカスタムを施したい」「背景画像だけでなくキーの形やフォントも変えたい」という人は、標準搭載以外のサードパーティ製キーボードアプリを使いましょう。

おすすめは、日本企業のIO Inc.が提供する「flick(フリック)」。スマホに保存している画像を背景として取り込めるのはもちろん、各キーそれぞれに違った画像を当てはめることも可能です。柔軟なカスタマイズで自分だけのキーボードに仕上げられます。

また、他ユーザーが作成・提供する壁紙が豊富に揃うのも魅力のひとつです。好きなアニメやアイドル、キャラクターの名前などで検索して、自分好みの背景を探してみてください。

「flick」アプリをインストールして有効化する

アプリ「flick(フリック)」をダウンロード

まずは、上のボタンから「flick」アプリをインストールしてください。

起動したら「flickをオンにする」をタップし、案内に従って「flick」アプリを有効化します。

背景画像を決める

「flick」アプリを起動して、テーマに進みます。

自分で用意した画像を使いたい場合は自分の画像を使う、自分で用意した動画を設定したい場合は動画を使う、他ユーザーが提供した壁紙を使いたい場合は「にんきテーマ」タブに進みましょう。ここでは「にんきテーマ」に進みました。

好きなキャラクターの壁紙を探したい場合は、右上の虫眼鏡アイコンをタップ。キーワードを入力して好みのものを選択してください。

好みのスタイルになるようにカスタムする

上部のタブを切り替えながら、キーの形やフォント、フリック入力の色などをカスタムしていきます。

自分の好みのスタイルになったら、右下のこのテーマにするボタンを押して編集を終えましょう。数秒間広告が表示されたら、「flick」アプリを閉じてOKです。適当なメモ帳などを開いて、キーボードが適用されているか確認してみましょう。

アプリ「flick(フリック)」をダウンロード
EDITED BY
MOEGI