Androidスマホで毎月のデータ通信量を確認する3つの方法

限られたデータ通信量を使いすぎないためには?

月末が近づくと、スマホのデータ通信量を気にする人は多いのではないでしょうか。ギガ不足になれば通信速度制限にかかり、SNSや動画配信サービスなどの利用に支障をきたします。

そこで本記事では、Androidスマートフォンで使用した通信量を確認する3つの方法について解説します。通信の使用量や残量を日頃から把握しておけば、それだけで通信量の節約につながります。

方法1:各キャリアのマイページで通信量を正確に確認する

Androidスマホでデータ通信量(使用量)を確認する方法はいくつかありますが、正確な数値を確認できるのは、ドコモやau、ソフトバンクといった契約中の携帯電話会社のサービスを利用することです。

データ通信量は各キャリアの「マイページ」から確認できます。また、MVNO(格安SIM)や各キャリアが提供するオンライン専用ブランド(ahamo・LINEMO・povoなど)を利用しているユーザーも、各社のマイページから確認しましょう。

ここでは、ブラウザで各キャリア提供のマイページにアクセスし、通信量を確認する方法を紹介していますが、専用アプリが提供されていることもあります。使いやすいほうを選んで利用してください。

NTTドコモ:My docomoで確認

【Android】My docomoでデータ通信量を確認
【Android】My docomoでデータ通信量を確認

Chromeなどのブラウザで「My docomo」にアクセスし、dアカウントのIDとパスワードを入力してログインします。

ログインできたら「データ・料金」タブの「データ通信量」の項目で利用済みのデータ通信量を確認できます。[詳細を確認]をタップすれば、直近3日間や前月分のデータ通信量を確認できます。

au(KDDI):My auで確認

【Android】My auでデータ通信量を確認
【Android】My auでデータ通信量を確認

Chromeなどのブラウザで「My au」にアクセスし、au IDでログインします。「スマートフォン・携帯電話」タブを開くと、「利用状況」で利用したデータ通信量が表示されます。

[残データ容量の内訳]をタップすると、今月中に使える残りのデータ通信量を確認できます。

ソフトバンク:My softbankで確認

【Android】My softbankでデータ通信量を確認
【Android】My softbankでデータ通信量を確認

Chromeなどのブラウザで「My SoftBank」にアクセスしてログインしましょう。メニューから[データ量]をタップすると、データ通信量を確認できます。

楽天モバイル:my Rakuten Mobileで確認

【Android】my Rakuten Mobileでデータ通信量を確認
【Android】my Rakuten Mobileでデータ通信量を確認

Chromeなどのブラウザで「my Rakuten Mobile」にアクセスし、楽天アカウントを入力してログインします。

ログイン後のページに表示されたグラフからデータ通信量を確認できます。料金のステージが上がるまでどのくらいデータ通信を使えるのか目安にするといいでしょう。グラフ下の[データ/通話/SMS利用状況]をタップすると、詳細な利用状況を確認できます。

格安SIMやオンライン専用ブランドの場合

【Android】LINEMOのマイページでデータ通信量を確認
【Android】LINEMOのマイページでデータ通信量を確認

mineo(マイネオ)IIJmioなどの格安SIM(MVNO)、ahamoやLINEMOなどのオンライン専用ブランドでも、基本的にはマイページから通信量を確認できるはずです。

格安SIMやオンライン専用ブランドの場合、契約している月間データ通信量が少ないケースもあるでしょう。月間データ通信量に達すると速度制限がかかったり、追加データを購入する必要があったりします。

限られたデータ通信量を計画的に使いたい、データ通信量を使いすぎないようにしたいという人は、後述するデータ通信量管理アプリを使うのもおすすめです。

方法2:端末の設定からスマホ全体/アプリごとの通信量を確認する

スマホの「設定」アプリからデータ通信量を確認するという方法もあります。端末全体のデータ通信量とアプリごとのデータ通信量をそれぞれ確認できます。

ここでは、AQUOS sense6(Android 12)でデータ通信量を確認する手順を解説します。

全体のデータ通信量を確認する方法

全体のデータ通信量は通信事業者のサービスを利用したほうがより正確な数値を確認できますが、端末の設定からのほうが手早くチェックできるというメリットもあります。

【Android】設定でスマホ全体のデータ通信量を確認
【Android】設定でスマホ全体のデータ通信量を確認

端末の「設定」を開いたら、[ネットワークとインターネット]→[モバイルネットワーク]と進みます。

【Android】設定でスマホ全体のデータ通信量を確認

画面上部に「◯GB(または◯MB)使用」と表示されています。ここに表示されているのが、全体のデータ通信量です。

あと何日後にデータ通信量がリセットされるのかも確認できます。データ通信量がリセットされる時期はユーザーの契約状況によって異なります。

その他のAndroidスマホでデータ通信量を確認する手順
  • Xpeiraシリーズ・Pixelシリーズ:端末の「設定」を開いて[ネットワークとインターネット]→[SIM]
  • Galaxyシリーズ:端末の「設定」を開いて[接続]→[データ使用量]

アプリごとのデータ通信量を確認する方法

アプリごとのデータ通信量はキャリアのサービスでは確認できないので、端末の「設定」から確認するのが便利です。どのアプリのデータ通信量が多いのか一目瞭然で、使いすぎ防止にもつながります。

アプリごとのデータ通信量の確認は、全体のデータ通信量を確認する画面からおこないます。

【Android】設定でアプリごとのデータ通信量を確認

端末全体のデータ通信量を確認する画面で[アプリのデータ使用量]をタップします。Galaxyシリーズの場合、「データ通信量」の画面で[モバイルデータ使用量]をタップしてください。

【Android】設定でアプリごとのデータ通信量を確認
【Android】設定でアプリごとのデータ通信量を確認

インストールしているアプリが一覧で表示され、アプリごとのデータ通信量を確認できます。

詳細を確認する際はアプリ名をタップしてください。フォアグラウンド通信とバックグラウンド通信それぞれのデータ通信量の内訳と合計を確認できます。

方法3:通信量管理アプリを利用して確認する

通信キャリアのサービスを利用する場合、IDやパスワードを入力してログインする必要があるため、面倒に感じる人もいるかもしれません。そんなときは、サードパーティの通信量管理アプリを利用するという選択肢もあります。

通信量管理アプリを使えば、事前に設定したデータ通信量の上限に達するまでの残量を確認できるため、自分がどのくらいデータ通信量を使用しているのがひと目でわかります。もちろん全体のデータ通信量だけでなく、アプリごとのデータ通信量も確認できます。

ここでは、「データ通信量モニター」と「My Data Manager」の2つの通信量管理アプリを紹介します。両アプリとも、使用したデータ通信量を確認できるだけでなく、通信量が一定に達した際に通知で知らせてくれる機能が備わっています。

データ通信量モニター

「データ通信量モニター」は、データ通信量管理アプリの定番ともいえるアプリです。初期設定や基本的な使い方について解説します。

アプリ「データ通信量モニター」をダウンロード

初期設定

アプリをインストールしたら、まずはじめに通信の制限量を設定しましょう。画面右上のボタン→[初期設定]​と進み、「通信の制限量の設定」をおこないます。

【Android】データ通信量モニター(初期設定)
【Android】データ通信量モニター(初期設定)
【Android】データ通信量モニター(初期設定)

ここでは自身が契約しているプランに合わせた数字を入力するのがいいでしょう。たとえば月間データ容量3GBのプランを契約しているなら、「月の制限」にチェックを入れて「3GB」と設定します。

そのほか、1日あたりのデータ通信量を制限したければ「1日の制限」にチェックを入れて通信量を入力すればOK。「通信の制限量の設定」は後で変更することも可能です。

アプリをインストールした時点でデータ通信量を使用しているなら、「使用済み通信量の設定」を入力してください。

全体のデータ通信量を確認する

【Android】データ通信量モニター(全体のデータ通信量を確認)
【Android】データ通信量モニター(全体のデータ通信量を確認)

アプリトップページの「TOTAL」タブでは、全体のデータ通信量を確認できます。緑字の「WIFI」はWi-Fiを経由して接続したデータ通信量、青字の「MOBILE」はモバイルデータ通信量を表しています。

最初に設定した上限に達するまでの割合が円グラフの「MOBILE LIMIT」に表示されています。たとえば初期設定で「月の制限」を3GBに設定し、現時点でデータ通信量が292.5MBなのであれば、使用率は9%なので残りの通信量余裕があることがわかります。

画面上部の「今月」をタップすれば、「今日」「3日間」「今週」「先月」などの期間を表示することもできます。

アプリごとのデータ通信量を確認する

【Android】データ通信量モニター(全体のデータ通信量を確認)
【Android】データ通信量モニター(アプリごとのデータ通信量を確認)

「APP」タブを開くと、アプリごとのデータ通信量を確認できます。緑字がWi-Fiを経由したデータ通信量、青字がモバイルデータ通信量です。

さらに赤色でアプリごとのデータ通信量の割合が表示されています。

通知設定

【Android】データ通信量モニター(通知設定)
【Android】データ通信量モニター(通知設定)

画面左上のメニューボタン​→[設定]から、一定の上限を超えた際の通知を設定できます。

「通知の設定」から「当日」「3日間」「今週」などの項目にチェックを入れると、あらかじめ設定していた通信の制限量を超過した際に通知で知らせてくれます。

たとえば「1日の制限」を250MBに設定した場合、その日中に使用したデータ通信量が250MBを超えると通知が届きます。データ通信量を使いすぎたくない場合に設定しておくと便利です。

My Data Manager

「My Data Manager」は、データ通信量が一定に達した際に届く通知をかなり細かく設定できるデータ通信量管理アプリです。初期設定や基本的な使い方を見ていきましょう。

アプリ「My Data Manager」をダウンロード

初期設定

【Android】My Data Manager(初期設定)
【Android】My Data Manager(初期設定)
【Android】My Data Manager(初期設定)

アプリをインストールしたら、最初の画面で[データプランを設定またはプランに参加する。]→[レギュラープランを契約しています]の順に進みます。プランのタイプや請求周期、データ量上限、開始日 、データ使用量などを設定しましょう。

契約しているプランによっては[シェアプランを契約しています]または[ローミングプランを契約しています]を選択してください。

全体のデータ通信量の確認

【Android】My Data Manager(全体のデータ通信量を確認)
【Android】My Data Manager(全体のデータ通信量を確認)

初期設定が完了したら、メニューボタン→[概要]と進み、​「モバイル」タブのトップ画面でデータ通信量を確認できます。初期設定で入力した上限に対する残りのデータ通信量や、リセット日までの残り日数も表示されています。

データ通信量の使用予測量も確認できるため、今後使用するデータ通信量の目安にするといいでしょう。スマホのロック画面にも消費したデータ通信量が表示できるのも便利なポイントです。

アプリごとのデータ通信量の確認

【Android】My Data Manager(アプリごとのデータ通信量を確認)
【Android】My Data Manager(アプリごとのデータ通信量を確認)

「概要」画面下の最近のアプリの[アクティビティ]またはメニューボタン​→[アプリ]をタップすると、モバイルデータ通信量に加えてWi-Fiとローミングによるアプリごとのデータ通信量を確認できます。

画面右上のカレンダーボタンをタップすれば、表示期間を時間・日・週・月のいずれかに指定して表示できます。

通知設定

【Android】My Data Manager(通知設定)
【Android】My Data Manager(通知設定)
【Android】My Data Manager(通知設定)

通知設定はメニューボタン​→[マイ アラーム]からおこないます。「初期設定で設定した料金プランに達したら通知する」「90%に達したら通知する」など細かな条件を設定できます。

[カスタムアラームを設定する]を選択すると、警告を複数回に渡って設定することもできます。たとえば「1回目は200MBに達したら通知し、2回目は100MBに達したら通知する」などと設定すれば、計画的なデータ通信の利用が可能です。残りのデータ通信量が余っている場合も通知で知らせてくれるのも嬉しい点です。

検証バージョン
AQUOS sense6
Android
12
データ通信量モニター
Android
1.17.2016
My Data Manager
Android
9.7.0
EDITED BY
AO