STREAM SoftBank 201HW:レビュー・スペック一覧

2012-10-09 21:36
記事タイトルとURLをコピーする

android-STREAM SoftBank 201HW

ファーウェイ製の「STREAM SoftBank 201HW」は、ドコモから発売予定の「Ascend HW-01E」に続く、同社の2つ目の日本市場向けスマートフォンだ。ただし、発売日は本機種のほうが早く、あす10月10日から発売される。

様々なシーンでの高速・快適な動作へのこだわり

プロセッサにはQualcomm Snapdragon S4 MSM8960 デュアルコア 1.5GHzを採用し、ディスプレイは約4.3インチ、960×540ドットの解像度のSuper AMOLED液晶(スーパー有機EL)を搭載。カメラは約800万画素の裏面照射型CMOSカメラで、1.8秒で10枚の撮影が可能な「高速連写機能」なども備えている。

また、電源オフの状態からの「5秒起動」や、画面に触れるとすばやく反応する「高感度タッチパネル」も採用。ミドルスペックながら、様々な場面での高速で快適な動作にこだわっている点は「Ascend HW-01E」通じており、Huaweiの特長が出ている。

ネットワークは他のモデル同様、AXGP方式の下り最大76Mbpsの高速データ通信「SoftBank 4G」に対応。プラチナバンドも利用できる。バッテリーは大容量の1930mAh。メモリはRAMが1GBで、内蔵ストレージは4GB。OSはAndroid4.0(ICS)を搭載する。おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグ、防水・防塵には非対応となる。


android-STREAM SoftBank 201HW

展示会場では動作する実機に触れることができた。ファーストインプレッションとしては、「Ascend HW-01E」の時と同じく快適な操作感だった。タッチパネルの感度もよく、カメラの起動も速い。ブラウザ閲覧や地図アプリ(Google Map)の読み込みを試してみたが、かなり高速で処理された(SoftBank 4Gに由来する部分もあろうが)。流線的な形状のボディも持ちやすく、見た目もシックにまとまり悪くない。

カラーは、フレイムブラックとライトニングブラックの2色。なお、2012年10月31日までの期間中に201HWを購入し、11月9日までに専用サイトから応募すると、もれなく最大10000円分のギフトカードがプレゼントされるキャンペーンが実施中だ。

STREAM SoftBank 201HWの仕様

  • 発売日:2012年10月10日発売
  • ディスプレイ:約4.9インチHD(1280×720ドット) NewモバイルASV液晶(1677万色)
  • OS:Android 4.1
  • チップセット:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 デュアルコア 1.5GHz
  • メモリ:内蔵ストレージ 4GB / RAM 1GB
  • サイズ:約65×133×9.9(最厚部13)mm(突起部除く)
  • 重さ:約131g
  • メインカメラ:800万画素/CMOS
  • サブカメラ:100万画素/CMOS
  • バッテリー:約1930mAh
  • 連続通話時間(静止時):3G:約 650分/GSM:約 430分
  • 連続待受時間(静止時):3G:約 420時間/GSM:約 400時間/AXGP:約 178時間
  • SoftBank 4G:○
  • ULTRA SPEED:○
  • 4G LTE:×
  • テザリング:○
  • 防水・防塵:×
  • おサイフケータイ:×
  • NFC:×
  • ワンセグ:×
  • 赤外線通信:×
  • Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n
  • Bluetooth通信:Ver.3.0
  • GPS:○
  • 外部メモリー/推奨容量:microSDXCカード(別売)/最大32GB

android-STREAM SoftBank 201HW

android-STREAM SoftBank 201HW