Androidスマホで写真を非表示にする(隠す)方法

アルバムから特定の写真だけ隠したい

最近はスマホのカメラの性能が上がり、多くの人が写真の撮影は主にスマホでおこなっています。必然的にアルバムには数多くの写真が貯まっていき、なかには人から隠しておきたい写真もあるという人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、人から見られたくない写真を隠す方法や無料で隠せるおすすめのアプリとその使い方を紹介します。

「.」を付けてフォルダごと非表示にする方法

ファイルマネージャーアプリ(ファイラー)上で非表示にしたい写真をフォルダにまとめ、そのフォルダごと非表示にすることで、格納されている写真をアルバムから閲覧できないように設定できます。

フォルダの非表示方法は簡単で、任意のフォルダ名の先頭に「.(ドット)」を付けるだけ。Androidスマホには、システムに関するファイルなどに「.」が付けられ、ユーザーが誤って操作や削除をしないよう非表示にされています。この仕様を活用して写真を入れたフォルダ名に「.」を入力し、フォルダごと非表示にしてしまえるというわけです。

プリインストールされているファイラー使えば、特別なギャラリーアプリに依存せずとも写真の非表示を実現できます。今回は、Google製のファイラー「Files by Google(以下、Files)」を利用した手順を紹介します。

アプリ「Files by Google」をダウンロード

ファイルマネージャーアプリで非表示化するフォルダを作成する

まずはファイルマネージャーアプリに非表示化するフォルダを作成します。フォルダの作成場所はどこでも構いませんが、今回は分かりやすいように写真データが格納されている「DCIM」フォルダに新規フォルダを作成することにしました。

「Files」アプリの「見る」タブから[内部ストレージ]を選択。SDカードなど外部ストレージに作成する場合は、[その他のストレージ]を選択してください。続いて、新規フォルダを作成したい場所を開きます。今回は[DCIM]を選択しました。

新規フォルダを作成する場所でメニューボタン​→[新しいフォルダを追加]をタップし、新しいフォルダを作成してください。任意のフォルダ名を入力し、[フォルダを作成]をタップすると新しいフォルダが作成されます。

ただし、この時点ではフォルダ名の先頭に「.」を付けないようにしましょう。「.」を付けてフォルダを作ると、フォルダ作成と同時に非表示になってしまい、写真の移動などができなくなります。

非表示にしたい写真をフォルダに移動する

続いて、非表示にしたい写真を先ほど作成したフォルダに移動させましょう。再び「見る」タブに戻り、[画像]から非表示にしたい写真を選択します。写真の選択が完了したら、右上のメニューボタン​から[移動]をタップします。

[内部ストレージ]から先ほど作成したフォルダを開き、[ここに移動]をタップすれば写真の移動は完了です。

フォルダ名の先頭に「.」を付けて非表示にする

あとは、フォルダ名に「.」を付けて非表示にするだけです。

非表示にしたい写真を格納したフォルダのメニューボタン​から[名前を変更]を選択し、現在のフォルダ名の先頭に「.」を入力して[OK]をタップ。フォルダの名前の変更と同時に、当該フォルダが非表示になります。ギャラリー(アルバム)アプリでも格納された写真は非表示になっているはずです。

非表示化したフォルダを確認するには?

非表示化したフォルダの確認や編集をしたいときは、「Files」アプリの設定を変更します。

「Files」アプリのメイン画面から左上のメニューボタン​→[設定]と進み、「非表示のファイルを表示する」のスイッチをオンにすれば設定の変更は完了です。

設定の変更後に非表示化したフォルダを作成した場所を確認すると、該当フォルダが通常フォルダよりも薄い色で表示されているのが分かります。タップしてフォルダを開けば、フォルダに格納した画像の確認や編集などができます。

また、非表示フォルダに新しい画像を追加したいときも、「非表示のファイルを表示する」が有効になっている必要があります。

Googleフォトで写真を非表示にする方法

Googleフォトで写真を非表示にする方法は2つあり、「アーカイブ」または「ロックされたフォルダ」のいずれかの機能を利用します。

  • アーカイブ:写真を削除することなく、フォトの一覧から非表示にする機能
  • ロックされたフォルダ:パスワードを入力しなければアクセスできないフォルダ

「アーカイブ機能」を利用する

Googleフォトアプリを開き、アーカイブにしたい写真を探して長押しします。すると写真が選択できるようになるので、複数の写真をアーカイブにしたい場合は複数写真を選択します。

すべて選択し終わったら右上メニューボタン​をタップして、[アーカイブに移動]を選択します。これで選択した写真がアーカイブへと移動し、「フォト」タブの一覧に表示されなくなりました。

画面右下の「ライブラリ」タブを開き、[アーカイブ]を選択すると、アーカイブに移動させた写真を一覧で確認できます。

アーカイブにした写真を戻すには?

逆に、アーカイブに移動した写真を再度「フォト」タブの一覧に戻したい場合は、「アーカイブ」画面右上のメニューボタン​をタップして[選択]を選び、戻したい写真を選択します。

写真の選択後、再度右上のメニューボタン​をタップして[アーカイブを解除]を選択すれば、「フォト」タブの元の場所に写真が戻ります。

パスワードで保護したい場合は「ロックされたフォルダ」を使う

他人に見せたくない写真を生体認証やパスワードで管理できるのが「ロックされたフォルダ」です。この機能が利用できるのはAndroid 6以降なので、利用する前にOSを最新の状態にしておきましょう。

また、「ロックされたフォルダ」を使用するには画面ロックを設定する必要があるので、事前にAndroidスマホで画面ロックを設定をしておくことをおすすめします。

Googleフォトの「ライブラリ」タブを開いて[ユーティリティ]を選択。続いて、「ロックされたフォルダを設定する」の[使ってみる]か、メニュー画面下部の[ロックされたフォルダ]を選択します。

「ロックされたフォルダに移動」という画面に遷移するので、[設定]をタップします。

フォルダが空の場合は、「まだ何も保存されていません」と表示されるので、[アイテムを移動する]をタップしてロックされたフォルダに移動したい写真を選択します。写真を選択し終えたら[移動]をタップします。すると、ロックされたフォルダに選択した写真が移動します。

ロックされたフォルダは、「ライブラリ」タブの[ユーティリティ]から開くことができます。

フォルダを選択すると、自分が設定したロックの解除(指紋認証やパターン認証など)を求められるので、認証をパスするとアクセスできるようになります。

無料アプリを利用して写真を非表示にする方法

上記のGoogleフォトを利用した方法ではなく、サードパーティ製の無料アプリを利用して写真を非表示にする方法もあります。ここでは、「秘密の電卓」と「Keepsafe」の2つの無料アプリで写真を非表示にする方法を解説します。

一見ただの電卓アプリ「秘密の電卓」

「秘密の電卓」の見た目は、普通の電卓アプリ。実際に通常の電卓として利用できますが、パスワードを入力することで写真を隠すという裏の機能が利用できるユニークなアプリです。クラウド上で画像や動画を管理するため、スマホの内部ストレージを圧迫しません。

アプリを開くとパスワードの設定を求められるので、4~8桁の数字を入力して「=」ボタンを押し、パスワードを設定します。その後、ファイルのアクセス許可やパスワードの保護、パスワードを忘れた際のメールアドレスの登録など、画面の指示に沿って設定を進めていけば準備は完了です。

準備が終わると、ファイルの一覧が表示されます。それぞれのカテゴリーから非表示にしたいファイルを選んで登録していきます。非表示にしたい写真がある場合は[ピクチャ]を選び、ファイルのある場所を探します。

非表示にしたい写真を選択し、[Move to Vault]からモードを選んで[はい]をタップします。すると、選択した写真が暗号化されるように(非表示に)なります。

非表示にしたい写真が登録された

スマホの写真アプリ(ギャラリー)でみるとちゃんと非表示化されている

スマホの写真アプリを開くと、アプリ上で登録した写真がきちんと非表示になっているのがわかります。

非表示にした写真を再度表示したい場合は、設定したパスワードを入力してファイルの一覧にアクセスし、非表示にした写真を選択して鍵のマークをタップします。

あとは復元したい場所を選択し、[はい]をタップすればOKです。

「秘密の電卓」は無料の範囲でも便利に利用できますが、アプリ内課金によってアップグレードすると、広告を非表示にしたり、セキュリティを強化したりすることが可能です。

アプリ「秘密の電卓」をダウンロード

多彩な認証方法を設定できる「Keepsafe」

Keepsafeの特徴は、認証方法が豊富で、暗証番号やパターン、指紋認証などで写真や動画を管理できることです。ほかにも、スマホの画面を下向きにするとKeepsafeがロックされる「フェイスダウン自動ロック機能」が搭載されており、瞬時に写真を非表示にしたい時には便利です。

アプリを開いたらメールアドレスを登録してアカウントを作成し、アプリにアクセスする際のロック方法を登録します(今回はパターンで登録しました)。

準備が完了するとアルバムの一覧が表示されます。ここの画面で新しいアルバムを作成して非表示にしたい写真を管理していきます。アルバムを開いたら右下の「+」マークをタップして[写真をインポート]を選び、カメラロールにアクセスして非表示にしたい写真を選びます。

写真を選択し、画面下部の[インポート]をタップして[許可]を押せば、写真が非表示になります。

Keepsafeに非表示にしたい写真が登録された

選択した写真はカメラロールから消えている

スマホのアルバムを確認すると、選択した画像がアルバムから消えているのが分かります。

アプリ「Keepsafe」をダウンロード
検証バージョン
Galaxy S21+ 5G
Android
11
Pixel 3a
Android
12
構成・文
吉成 早紀
編集
アプリオ編集部
EDITED BY
TOKIWA