アプリ「OpenWnnフリック入力対応版」20年以上の歴史を持つIME、便利なワイルドカード予測 #Android

OpenWnnフリック入力対応版-Android

おすすめのポイント

  • 日本語入力アプリ(IME)
  • OpenWnnにいくつもの機能を追加
  • 変換に関する機能が充実
  • 連文節変換が可能
  • 「ワイルドカード予測」が便利

Androidアプリ レビュー

完成度の高い文字入力アプリ

android- OpenWnn フリック入力対応版でEvernoteに入力

IME(Imput Method Editor)とは文字を入力するときに使っている漢字変換システムのことで、スマートフォンの基幹機能だ。アンドロイド端末ではこのIMEを自分好みに入れ替えることができる。

Wnn(うんぬ)は20年以上の歴史を持つ日本語かな漢字変換システム。Android向けにソースが公開されているOpenWnnは有志によって色々な改良が施されており、そのうちの一つがこのOpenWnnフリック入力対応版だ。フリック入力の他にも様々な機能が追加されている。

充実した変換機能

追加機能は細かいところを含めるとかなり多岐にわたっているが、特筆すべきはその変換機能の充実っぷりだ。特にワイルドカード予測機能は面白い。例えば「けい」と入力して右カーソルを2回タップすると、「経済」「計画」「経験」など「けい+2文字」の単語をいくつも予測し表示してくれる。うろ覚えの単語を思い出すときに便利だ。

入力方式はフリック入力、ケータイ式トグル入力の2つ。設定すれば併用することもできる。連文節変換可能。横向き使用にも対応している。別途アプリをインストールすることで「マッシュルーム」機能も利用できるし、アンドゥ機能も搭載しているなど、かなり完成度の高いアプリとなっている。

アプリ「OpenWnnフリック入力対応版」をダウンロード
OpenWnnフリック入力対応版

解説記事:日本語入力アプリ OpenWnnフリック対応版