「+メッセージ」がMVNOに対応、UQやLINEMOなどでも順次使えるように

さらなるユーザー層の拡大を狙う

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社(以下、3社)は、携帯電話番号でメッセージを送受信できるサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」に対応する通信サービスを、2021年9月2日より3社すべてのブランドおよびMVNOに順次拡大します。

+メッセージは、SMSやMMSの後継規格として世界的に標準化されているRCSに準拠したメッセージサービスです。電話番号しか知らない相手でも、写真や動画、無料のスタンプなどを送信できます。2018年5月にサービス提供を開始し、2021年7月には利用者数が2500万人を突破しました。

これまで+メッセージを利用できるのは3社のメインブランドなどに限られていましたが、対象となる通信サービスを順次拡大します。

本日のUQ mobileとau回線のMVNOへの対応を皮切りに、2021年9月下旬にはドコモ回線のMVNO、2022年春にはワイモバイル、LINEMO、ソフトバンク回線のMVNOに対応する予定です。

アプリ「+メッセージ」をダウンロード
EDITED BY
AO