ジャンプとマガジンの連載150作品が無料で読める「少年ジャンマガ学園」がオープン

ジャンプとマガジンの連載150作品が無料で読める「少年ジャンマガ学園」がオープン

集英社の『週刊少年ジャンプ』と講談社の『週刊少年マガジン』などの連載作品約150タイトルが無料で読めるWEBサイト「少年ジャンマガ学園」が2019年4月8日から6月10日の期間限定で公開されました。

【最新2019】無料で全巻読破も、マンガアプリおすすめ19選を比較 利用者数の人気ランキングも紹介

少年ジャンマガ学園は、若い世代にマンガを読む機会を増やしてほしいという想いから、長年のライバル誌という垣根を越えたジャンプ×マガジン初の共同プロジェクトとして誕生しました。

『週刊少年ジャンプ』『少年ジャンプ+』『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』『マガジンポケット』の計5媒体で連載されている約150作品が無料で楽しめますが、若者向けであるとして利用者は22歳以下を対象とし、初めてサイトにアクセスした際に「生まれた年」を入力して認証する仕組みとなっています。

少年ジャンマガ学園

名前のとおり“マンガの学校”がコンセプトで、マンガを無料で読めるだけでなく、ユーザーがSNS上で楽しむことができる「学校行事」を開催するとしています。

学校行事の最新情報は公式Twitterアカウント:@jm_gakuenから随時発信するとしていますが、たとえば豪華商品がもらえる「マンガリレー」や、読書感想文コンクール、イラストコンテストなどの参加型コンテンツが用意されています。

少年ジャンマガ学園

マンガリレーは、週刊少年ジャンプ・週刊少年マガジン・別冊少年マガジンの連載作品71タイトルの第1話を集めた「少年ジャンマガ」から、1作品を読んで次の人にLINEやTwitterでつなぐというもの。リレーをつなぐと、ジャンプ+ボーナスコインやマガポケポイント、LINEポイントが当たるルーレットが回せるようになっています。

また6月10日の卒業式に開催される大抽選会で使える「抽選くじ」も獲得できるほか、バトンをつないだ人数に応じて、指定の作品が読み放題になる「限定公開授業」が開催されるチャンスもあると案内しています。詳しい参加方法については公式サイトを参照。

少年ジャンマガ学園 少年ジャンマガ学園

読書感想文コンクールは、連載作品への熱い想いをTwitterに投稿するという内容で、ジャンプ編集部とマガジン編集部がそれぞれ審査を行い、各種ポイントのほか、最優秀作には"激レア"賞品をプレゼントするといいます。

また「ジャンプとマガジンの連載作品キャラクターが切磋琢磨しながら過ごす学園生活」をテーマにイラストをTwitterに投稿するイラストコンテストでは、最優秀作品に20万円の賞金が贈呈されます。

いずれも募集期間は4月15日〜5月19日で、それぞれ「#ジャンマガ学園読書感想文コンクール」「#ジャンマガ学園イラストコンテスト」を付けて感想文や作成したイラストをTwitterに投稿することで応募できます。結果発表は6月10日が予定されています。

少年ジャンマガ学園