フリマアプリ「ラクマ」、スマホ端末の取引額が1年で5.74倍に拡大 4月は前年比21.5倍で需要突出

フリマアプリ「ラクマ」、スマホ端末の取引額が1年で5.74倍に拡大 4月は前年から21.5倍に

楽天が提供するフリマアプリの「ラクマ」はスマホ端末取引に関する調査を行い、同アプリ内の2018年の取引流通額の伸び率が2017年と比較して5.74倍になったことを明らかにしました。

「メルカリ」と「ラクマ」を徹底比較、売るならどっちのフリマアプリ?

ラクマによれば、スマホの新機種で新機能が目立たなくなり、安価な中古スマホでも不自由なく日常生活で使えると考えるユーザーが増えたことが要因だとしており、コストパフォーマンスを重視した過去機種への需要が垣間みえます。

フリマアプリ「ラクマ」、スマホ端末の取引額が1年で5.74倍に拡大 4月は前年から21.5倍に

特にスマホ端末の取引が多いのは4月で、2017年と2018年の4月の取引額を比べると21.5倍にまで拡大したこともわかりました。引っ越しや新生活の区切りで出品が増えたこと、新シーズンに向けてスマホを新調するユーザーが増加するためのようです。

ラクマ内で最も取引されるメーカーはAppleで、2018年の取引額は全体の84%を占めるという結果に。Apple製品で最も人気(取引数)があるのはiPhone 6で、2位はiPhone 7、3位はiPhone 6sとなっています。

このほか、取引されるスマホの中には傷や画面割れがあるものもあり、当然価格は下がるものの性能に問題がなければ購入される需要があるとしています。

EDITED BY AO