IoTで睡眠モニタリング、KDDI・フランスベッド共同開発の電動リクライニングマットレス発売

2019-03-13 21:42
記事タイトルとURLをコピーする

IoTで睡眠モニタリング、KDDI・フランスベッド共同開発の電動リクライニングマットレス発売

KDDIは2019年3月13日、IoTサービス「au HOME」において、快眠をサポートするスリープテックによる健康支援サービスを開始することを発表しました。

新たに発売される「睡眠モニター 01」により睡眠状況を測定し、ニューロスペース社と共同開発によって提供開始する専用アプリ「Real Sleep」が睡眠の質を定量的にデータ化できるようになります。あわせて、コラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」のパートナー企業にフランスベット社を加え、共同開発の「睡眠モニタリング機能付きマットレス(ルーパーRP-5000SE)」が3月15日、同社から発売されます。

IoTデバイス「睡眠モニター 01」とアプリ「Real Sleep」で睡眠データを取得・分析し、アドバイス

睡眠モニター 01

睡眠モニター 01

「睡眠モニター 01」はマットレスや布団の下に置いて使うIoTデバイス。睡眠状態のデータを計測します。価格は2万5000円で3月15日に発売。

KDDI、フランスベッドと電動マットレスを共同開発KDDI、フランスベッドと電動マットレスを共同開発

Real Sleep

「Real Sleep」アプリは、「睡眠モニター 01」で計測したデータをモニタリングし、睡眠スコアや睡眠データ(睡眠時間、睡眠ステージ、身体の動き、心拍数、呼吸数)、睡眠履歴を確認できます。また、有料で追加できるアドバイスオプションでは、一人ひとりのデータ分析結果から週一回のアドバイスをアプリ上でチェックできたり、健康に関する年3回までの電話相談を受けられたりできます。

「睡眠モニター 01」と「Real Sleep」の利用には、「au HOME」または「with HOME」の基本料金がかかります。モニタリングのみの場合は無料で、アドバイスオプションは月額300円となっています。

フランスベッド、睡眠モニタリング機能付き電動リクライニングマットレスを発売

KDDIがパートナー企業とコラボして提供するホームIoTサービス「with HOME」において、寝具メーカー・フランスベッド社から電動リクライニングマットレス「RP-5000SE」も3月15日に発売されます。価格は16万8000円(税別)。

「RP-5000SE」はリモコンの簡単な操作で背上げと脚上げを無段階で調整できる睡眠モニタリング機能付き電動マットレス。あらかじめ「睡眠モニター 01」が内蔵されているほか、2個付属する「マルチセンサー 01」のうち1つをマットレス内のスペースに収納し、もう1つをマットレス付近の室内に設定することで、寝室の温度・湿度も計測します。

本製品を最大限活用するためには、「Real Sleep」と「with HOME」がセットになって提供される月額790円の専用プランに加入することが基本となります。専用プランでは、前述した「Real Sleep」のモニタリング機能とアドバイスオプションを利用可能。寝床内温湿度の計測によって、よりきめ細かなアドバイスを受けられるのが特徴です。

EDITED BY AO