iPhoneに最大128GBの容量を外付けできるケース「iXpand Memory Case」が発売、SanDiskから

2016-06-24 16:55
記事タイトルとURLをコピーする

iPhoneに最大128GBの容量を外付けできるケース「iXpand Memory Case」が発売、SanDiskから

サンディスクは、装着するだけでiPhoneに最大128GBの容量を追加できるフラッシュメモリ内蔵ケース「iXpand Memory Case」を発表しました。

これまでiPhoneの容量不足の際には、LightningコネクタとUSBコネクタを搭載し必要な時だけiPhoneと接続して使える「iXpand Flash Drive」などUSBメモリ的な形の製品が活躍していましたが、常時Lightningポートに接続したままiPhoneに装着し携行しやすいケース型に進化したフラッシュメモリが、このiXpand Memory Caseです。

iPhoneの容量が不足した時、空きを効果的に増やす方法──容量の確認、「その他」を減らす、写真・アプリ・書類データの節約、外付けメモリなど

特徴は上掲の動画のとおり。ケースの内蔵ストレージには専用アプリを通じてアクセスする仕組みで、カメラロールの写真や動画をケースのストレージに自動バックアップする機能や保存データをパスワード保護する機能などに対応します。また、別売(39.99ドル)のバッテリーパックを背面に装着して、1900mAhのバッテリーを搭載(1回分のフル充電)することも可能です。

ケース自体は硬質プラスチック素材とソフトラバーで構成されており、スマホを保護するのに十分な耐久性を備えています。なお、側面にはmcroUSBポートが搭載され、PCとiXpand Memory Caseとのデータ転送やバッテリーの充電がおこなえます。

iXpand Memory Case

iXpand Memory Caseのストレージ容量は32GB、64GB、128GBの3モデルが用意されており、カラーはグレー、スカイ、レッド、ミントの4色展開(全モデル共通)。米Amazon.comでの販売価格は、それぞれ32GBモデルが59.99ドル(約6000円)、64GBモデルが99.99ドル(約1万円)、128GBモデルが129.99ドル(約1万3000円)となっています。

アプリ「SanDisk iXpand Memory Case」をダウンロード
SanDisk iXpand Memory Case
アプリ「SanDisk Memory Zone」をダウンロード
SanDisk Memory Zone