タグ・ホイヤーのAndroid Wear搭載スマートウォッチ、約1400ドルで10-11月に発売へ

2015-04-30 10:22
記事タイトルとURLをコピーする

TAG Heuer

TAG Heuer(タグ・ホイヤー)が開発中のAndroid Wear搭載スマートウォッチの価格や発売時期について、Bloombergによる同社CEOジャン-クロード・ビバー氏へのインタビューで明らかになりました。

同スマートウォッチは、LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループでスイス高級時計メーカーであるタグ・ホイヤーと、GoogleやIntelが共同開発することが先月発表されています。スイスの時計製造とシリコンバレーのイノベーションが融合する製品は、Apple Watch対抗の最右翼として注目を集めています。

関連:アップル対抗、スイス高級時計「タグ・ホイヤー」からAndroid Wear搭載スマートウォッチが登場へ グーグル・インテルと共同開発

報道によれば、同スマートウォッチは今年10月または11月に販売が開始され、1,400ドル(約167,000円)程度になるとのこと。これは、タグ・ホイヤーを代表するコレクションの一つ「Carrera」の最低価格帯である1,500ドルに基づいているようです。その意味では、予想よりリーズナブルともいえそうです。

また、タグ・ホイヤーによるスマートウォッチのバッテリーは約40時間持続するともしており、この点でApple Watchの約18時間を優に上回るものとなる見込みです。