LINE、自撮り写真をスタンプ化してトークで送れるアプリ「ycon」をリリース 通常スタンプのような透過画像に加工

2015-03-13 16:37
記事タイトルとURLをコピーする

LINE ycon

LINEは、自撮りした写真などを使ってオリジナルのスタンプ画像を作れるアプリ「ycon」(iPhone/Android)を公開しました。

追記:「ycon」は2016年1月1日にサービスを終了しています。

yconは、2014年6月に海外向けにリリース(iOS版)されていた自撮りスタンプ作成アプリ「LINE Selfie Sticker」をリニューアルしたもので、新たにAndroidユーザーを含む国内のLINEユーザーも同様の機能が利用できるようになりました。

LINE ycon

yconで作成できるスタンプ“画像”は、yconアプリからLINEのトークに送信することができます。LINEのショップで購入できるスタンプ同様、背景も透過されてトーク画面に表示されることが特長です。ただし透過機能は、現時点でiPhone版LINEのみに先行公開されており、Android版では背景が透過されない画像が表示されます。

自撮りスタンプの作成方法は、yconを起動させてテンプレートを選び、フレームに合わせカメラで写真を撮影するだけ。撮影後は、フレームに合うようにサイズや角度を調整できます。また、画面左下にある「写真」アイコンをタップすれば、端末に保存されている画像の呼び出しも可能です。

LINE ycon

テンプレートは現在1,000種類以上が利用でき、スタンプのジャンルや表情でカテゴリ分けされています。今後、テンプレートは毎週追加されていくようです。

また、作成したスタンプにはテキストメッセージを自由に入れることもでき、作成済みのスタンプを選択した画面の上部のステッキアイコンをタップすると、テキスト追加の編集もおこなえます。