Twitter、米国人ジャーナリスト殺害の画像・映像を共有するアカウントを一時停止

2014-08-21 0:06
記事タイトルとURLをコピーする

Twitter

Twitterは8月20日現在、シリアの過激派組織「イスラム国」による米国人ジャーナリストとみられる男性の殺害画像・映像を共有しているアカウントを発見次第、一時停止しています。CEOのディック・コストロ氏が明らかにしました。

Twitterのようなメディアで残酷な画像・映像が加速度的に共有されることで、意図せず目にしてしまうユーザーが続出。共有を批判するユーザーの声にTwitterが応えた格好です。

もっとも、Twitterの規約上は、今回のアカウント一時停止措置はグレーゾーンに位置します。暴力的な画像の投稿や、攻撃的な投稿は認められており、グロテスクなコンテンツを共有してはならないと明確に定めた条項はないためです。今回は、「暴力および脅迫」や「嫌がらせ」に該当するとして、条項の文言を拡大解釈して対応したものと思われます。

続報:Twitter、斬首写真など亡くなった人の画像・映像の削除要請をルール化