楽天がViberを買収、プラットフォーム構築を目指す

2014-02-14 19:29
記事タイトルとURLをコピーする

楽天とViber

楽天は14日、世界で2億8,000万人のユーザーを抱える無料通話・メッセージアプリ「Viber」を展開するViber Media Ltdの発行済み全株式を取得し、新株発行を引き受けて子会社化すると発表した。出資総額は9億ドル(約920億円)。

固定電話への無料通話キャンペーンも開始

楽天はViber社のもつ幅広い顧客基盤を活用し、ECサービスやデジタルコンテンツサービスをグローバルに提供するプラットフォームを構築するため、今回の買収を決定したと説明している。

楽天とViberは日本市場向けの独自プロモーションとして、Viberから固定電話に無料で電話をかけられるキャンペーンを行う。Viberではアプリを入れているユーザー同士の無料通話のほかに、一般の電話に低料金で発信できるサービス「Viber Out」があるが、これを期間限定でクレジットの購入なしで利用できるという。