Sony、スマホ対応レンズスタイルカメラ「QX100」「QX10」を10月25日より国内発売

2013-09-12 13:56
記事タイトルとURLをコピーする

Cyber-shot DSC-QX100

Sonyは12日、スマホと組み合わせて使えるレンズスタイルのカメラ「Cyber-shot DSC-QX100」「Cyber-shot DSC-QX10」を10月25日より発売すると発表した。

同機はレンズ、CMOSイメージセンサーなどのカメラ構成要素のほか、ズームレバー、シャッターボタン、電源ボタン、メモリーカードスロット、バッテリーなどを「レンズ型ボディ」にすべて搭載するのが特徴。スマートフォンに装着してWi-Fi接続すれば、スマホ画面をモニターとして確認しながら写真や動画を撮影可能だ。

Cyber-shot DSC-QX100

「DSC-QX100」は1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーとF値1.8のカールツァイスレンズ搭載により高画質・高感度撮影のできる“高画質カメラ”として、また「DSC-QX10」は光学10倍ズームで撮影できる“高倍率ズームカメラ”と位置づけられている。

価格はオープンだが、市場推定価格は「DSC-QX100」で55,000円前後、「DSC-QX10」は25,000円前後とされている。