「スターチャンネルEX」の魅力と弱点を映画ライターが徹底レビュー

映画専門チャンネルが手がける新しい動画配信サービスを独自の視点で紹介

BS・CSの映画専門チャンネルとして長く支持されてきた「スターチャンネル」は、2021年11月24日から新サービス「スターチャンネルEX」を展開しています。

映画ファンなら気になる本サービスの魅力と弱点について、映画専門ライターが率直な視点でレビューします。他の動画配信サービスとの比較も参考にしてください。

スターチャンネルEXとは?

スターチャンネルEXは、BS、ケーブルテレビ等でおなじみの映画専門チャンネル「スターチャンネル」が2021年から展開している定額制の動画配信サービスです。映画専門チャンネルならではの厳選作品と国内で初配信される海外ドラマのほか、テレビと同じように楽しめるライブ配信も提供されています。

月額990円、初回7日間は無料でお試しできる

初回登録日を含む7日間は無料で全サービスが利用でき、無料期間終了後は月額990円の「プレミアム会員」に自動的に移行します。

映画の解説記事やポッドキャスト、動画、海外ドラマ情報ページなど、作品を深く掘り下げるためのコンテンツが充実しているのも本サービスの特徴です。対応デバイスも幅広く、作品はダウンロードしてオフラインで再生することも可能です。

料金プラン 月額990円(会員登録すると、一部対象サービスを無料で利用可能)
無料体験期間 初回7日間
見放題 ○(一部無料もあり)
画質 自動選択(オンデマンドは標準画質/低画質から選択可能)
ダウンロード ○(一部対象外)
同時に再生できる端末の数 1台
対応デバイス
  • スマホ(iOS/Android)
  • タブレット(アプリ)
  • PC(Windows:Microsoft Windows 8.1以降/Mac:macOS X 10.13.6以降)
  • テレビ(Fire TV/Fire TV Stick/Chromecast)

スターチャンネルEXの魅力

スターチャンネルEXの魅力は、コアな映画ファンも納得の「ここでしか観られない」厳選映画と日本初上陸の海外ドラマ、ディープな作品情報など、他のサービスにはない独自性にあります。映画のラインナップは特に、新作・旧作、話題性にこだわらないプロ視点のキュレーションが注目に値します。それぞれ詳しく紹介していきましょう。

映画プラスアルファの特典コンテンツで作品をより深く知る

スターチャンネルEXは映画・ドラマ作品だけでなく、作品の見どころを掘り下げる解説記事や動画、ポッドキャストも提供されているのが大きな特徴です。

例えば、香港の映画評論家ピエール・ラム氏が日本人に向けて、香港映画の名作をオススメ・解説する動画や、イタリア在住のマンガ家・ヤマザキマリ氏が、バチカンを舞台にしたドラマ『ニュー・ポープ 悩める新教皇』の見どころを語る動画などがあり、作品理解に役立つコンテンツが揃っています。

ここでしか観られない、オンリーワンの作品群

スターチャンネルオリジナルドラマ『5つの歌詩(うた)』

日本最速配信『ニュー・ポープ 悩める新教皇』

近年、NetflixAmazonプライムビデオディズニープラスなど、オリジナルコンテンツが充実しているサービスが増えていますが、老舗の映画放送チャンネルが母体のサービスならではの「ここでしか観られないコンテンツ」はスター・チャンネルEX最大の魅力と言ってもいいでしょう。

前述した『ニュー・ポープ 悩める新教皇』やその前作『ヤング・ポープ 美しき異端児』は、ジュード・ロウ主演の海外ドラマですが、スターチャンネルがどこよりも先駆けて日本で放送・配信を開始しています。

他にも、ジュール・ヴェルヌの冒険小説をドラマ化した『80日間世界一周』、DREAMS COME TRUEの楽曲をベースにしたオリジナルドラマプロジェクトなど、独占配信作品のオリジナリティの高さには目を引くものがあります。

テレビのように楽しめる、24時間ライブ配信にも注目

好きな作品がいつでも観られるオンデマンド配信に加え、テレビのような感覚で決まった時間に厳選映画が視聴できるライブ配信サービスもあります。

一見すると不便な気もしますが、今しか観られない映画に出会えるチャンスでもあり、テレビ視聴に慣れた方には嬉しい発見があるかもしれません。気になる作品は配信前にプッシュ通知を受け取ることもできます。

最新映画のムビチケや有名ミュージシャンのライブのチケットが抽選で当たるなど、会員限定のサービスも充実しており、作品を観るだけではなく、要所要所で多角的に楽しませる工夫が見られます。

スターチャンネルEXの弱点

数ある動画配信サービスの中でもとりわけ個性の強いスターチャンネルEXですが、サービスとしての日が浅いこともあり、少数精鋭のラインナップが特徴的です。また、機能面は良くも悪くも極力シンプルに抑えられています。

ラインナップの少なさは今後に期待

他の配信サービスと比べた時のスターチャンネルEXの弱点は、ずばりラインナップ数が少ないことです。

選りすぐりの作品を集めている反面、幅広いニーズに対応しているとは言い難く、例えば、日本のテレビドラマやアニメはほとんど配信されていません。基本的には、海外の名作映画とドラマファン向けのサービスと考えた方がよいでしょう。

当然、ラインナップ数に比べて料金が割高だと感じる人もいるかもしれません。どのジャンルを見ても作品数は数えられる程度で、NetflixやAmazonプライムビデオと比べると物足りなく感じられるのもやむを得ません。サービスを開始して間もないという事情を考慮すると、今後は改善されていく可能性もあるでしょう。

おすすめ機能はなし、観たい作品を自分で見つけられるかどうかがポイント

また、Netflixのように視聴履歴からレコメンデーション(おすすめ)してくれるような機能はありません。基本的には自分でジャンルを選択したり、キーワード検索をしたりして作品を主体的に探す必要があり、使い勝手の良さを感じるには、その都度自分が観たい作品が何かを把握している必要があるでしょう。

他の動画配信サービスなどで、おすすめ作品やランキングなどから視聴作品を選ぶ習慣のある人は、使い慣れるのに少し時間がかかるかもしれません。

機能を最小限に押さえたシンプル仕様、字幕版のみの作品も多い

一部の作品は字幕版しか提供されていないこともあります。日本語吹替版で視聴したい人にとってはつらいところでしょうが、コアな映画・海外ドラマファンは字幕版を好む傾向があるため、映画専門チャンネルならではの判断と言えるかもしれません。

再生機能や会員機能についても最小限の設計になっています。ランダム再生や倍速再生は提供されていませんし、会員のマイページ機能も気になる作品をマイリストに加える機能と視聴履歴を確認する機能ぐらいしかありません。ただし、作品のダウンロードは可能(一部対象外)で、視聴前に通知が受け取れる「配信前通知」はオンデマンド、ライブ配信それぞれで設定できます。

スターチャンネルEXが向いている人とは?

スターチャンネルEXは、コアな海外ドラマ・映画ファンのためのサービスと言えるでしょう。良質な映画やドラマを、解説動画などでさらにじっくり深堀りすることができるため、視聴作品にとことんこだわりたい人に最適です。

逆に日本のドラマやアニメが好きな人には内容的に物足りず、あまりオススメできません。海外ドラマに関しては、独占あるいは国内最速配信のタイトルも多く、いち早く話題の良作を観たいという視聴者にはうってつけでしょう。

映画祭などで国内では一度しか上映されていない作品が提供されているケースもあり、映画ファンにとっても貴重な機会です。よくミニシアターに通う、あるいは海外の良質ドラマはくまなくチェックしたい、という人におすすめのサービスです。

著者:杉本穂高(映画ライター・ブロガー)

本厚木のミニシアター「アミューあつぎ映画.comシネマ(現あつぎのえいがかんkiki)」の元支配人。ハフポスト、リアルサウンド、映画.comなど各種メディアにて連載中。自身のブログ「Film Goes with Net」では監督や俳優陣へのインタビューのほか、映画ニュース・レビューを日々更新中。

EDITED BY
SORA