ドコモ「ELUGA V P-06D」をアップデート、電源起動時に機内モードが意図せず設定される不具合の改善など

2013-01-10 12:28
記事タイトルとURLをコピーする

NTTドコモは10日、パナソニック製スマートフォン「ELUGA V P-06D」に対し、不具合改善目的のソフトウェア更新の提供を開始した。

ELUGA V P-06Dが不具合改善の最新アップデート

ELUGA V P-06D

今回のアップデートでは、電源起動時、まれに機内モードが意図せず設定される場合がある不具合の改善がはかられるほか、より快適に利用するための更新や一部仕様および表示変更などが含まれる。

アップデートは自動更新には非対応のため、端末の「ホーム画面」→「アプリケーション一覧」→「設定」→「端末情報」→「機能バージョンアップ」→「サーバから更新」→「ソフトウェア更新」の順に操作して、手動で開始する。

更新時間は約22分。パソコン接続による方法でも行える。アップデート手順は下記の公式ページを参照。