Twitterの「おすすめ」は非表示にできる? いらないときの対処法を紹介

「おすすめ通知」「おすすめユーザー」の表示を減らせる可能性がある方法まとめ

Twitterを使っていて、「通知」タブにおすすめツイートの通知(おすすめ通知)が届いたり、タイムラインにおすすめユーザー(おすすめアカウント)が表示されたりすることがあります。

意図せず表示されるため、「いらない」「邪魔」と煩わしく感じている人もいるでしょう。ただ、おすすめ通知やおすすめユーザーを完全・確実に非表示にする設定は用意されていません。

そこで本記事では、本記事では、ツイッターでこれらの「おすすめ」を非表示にしたいときに試したい対処法をまとめて解説します。

「おすすめ通知」を非表示にしたいときの対処法

「通知」タブに届くおすすめ通知

Twitterの「通知」タブにおすすめツイートの通知(おすすめ通知)が届くことがありますが、おすすめ通知を確実にオフにできる設定はありません。

しかし、通知タブに届く回数を減らしたりおすすめ通知を届きにくくすることは可能です。

以下では、おすすめ通知が表示された際に試したい3つの対処法を紹介します。必ず非表示にできるわけではない点は注意してください。

表示回数を減らす

iOS版アプリ

Android版アプリ

「通知」タブにおすすめ通知が届いていたら、iOS版アプリであれば​ボタン、Android版アプリであればボタンをタップ。[表示回数を減らす]をタップしてください。そのツイートは「通知」タブから消えます。

これにより、このアカウントからのおすすめ通知が届く回数が減るように働くはずです。ただし、確実にすべてのおすすめ通知が非表示になるわけではありません。​

[表示回数を減らす]をタップしても、まだおすすめ通知が届くようであれば、その都度上記の操作を繰り返しましょう。

「クオリティフィルター」をオンにする

「クオリティフィルター」を活用すれば、重複するツイートや自動投稿と思われるツイートなど不快なツイートが通知されなくなります。

メニューから[設定とプライバシー]→[通知]と進み、「クオリティフィルター」をオンにしましょう。これにより、おすすめ通知が届く頻度が減る可能性があります。

Twitterからの不要な通知を選んでオフにする

「トピック」「ニュース」など不要な通知が届く場合は、オフに設定しておきましょう。

iOS版アプリ

Android版アプリ

メニューから[設定とプライバシー]→[通知]→[プッシュ通知]と進みます。「トピック」「ニュース」「人気のアカウントから」など、不要な通知はオフにしてください。

アカウントをミュートする

おすすめ通知が常に特定のアカウントから届くのであれば、そのアカウントをミュートしてしまいましょう。

ミュートに設定することで、そのアカウントからの通知は届かなくなります(おすすめ通知以外の通知も含む)。

iOS版アプリ

Android版アプリ

アカウントをミュートするには、まず相手のプロフィール画面を開きます。

iOS版アプリではボタン→[○○(アカウント名)さんをミュート]をタップ、Android版アプリで​あればボタン→[ミュート]をタップ。これで、相手のアカウントをミュートできます。

相手のツイートから​ボタン(iOS版)またはボタン(Android版)をタップし、[○○(アカウント名)さんをミュート]を選択してもミュート可能です。

「おすすめユーザー」を非表示にしたいときの対処法

タイムラインに表示される「おすすめユーザー」

タイムラインを見ていると、「おすすめユーザー」が表示されることがあります。このおすすめユーザーはおすすめ通知と同様、確実にオフにすることはできませんが、表示回数を減らすなどの対処は可能です。

おすすめユーザーの表示回数を減らす

おすすめユーザーがタイムラインに縦並びで表示されるケース

おすすめユーザーを左右にスライドできるケース

おすすめユーザーが表示されたら、iOS版アプリではボタン、Android版では​ボタンをタップし、[表示回数を減らす]をタップします。

タイムラインに表示される回数​を減らせるだけで、完全に非表示にできるわけではない点は留意しましょう。

おすすめユーザーに友達のアカウントを表示させない方法

おすすめユーザーに、フォローしていないはずの友達のアカウントが表示される場合があります。これは連絡先(電話帳)アプリとTwitterが連携していることで、電話番号やメールアドレスから知り合いと判別されているためです。

相手のアカウントをおすすめユーザーに表示させたくない場合は、設定でオフにできます。

メニューから[設定とプライバシー]→[プライバシーとセキュリティ]→[見つけやすさと連絡先]と進み、「アドレス帳の連絡先を同期」をオフにすれば完了です。連絡先アプリとTwitterの連携がオフになります。

なお、「アドレス帳の連絡先を同期」をオフにしても、おすすめユーザーに相手のアカウントは表示された状態が続きます。これは、過去の連絡先のアップロード情報が残っているためです。

[すべての連絡先を削除]をタップするとこれまでの連絡先のアップロード情報が削除され、おすすめアカウントに表示されていた相手のアカウントが非表示になります(反映に多少の時間がかかる場合があります)。

相手のおすすめユーザーに自分を表示させない方法

相手があなたの電話番号またはメールアドレスを連絡先(電話帳)アプリに登録しており、なおかつ「アドレス帳の連絡先を同期」をオンにしていた場合、相手の「おすすめユーザー」にあなたのアカウントが表示される可能性があります。

アカウント名を匿名にしてアカウントの存在を知られたくないと思っていても、おすすめユーザーからバレてしまう恐れもあるので、自分のアカウントを相手のおすすめユーザーに表示させないように設定しておきましょう。

iOS版アプリ

Android版アプリ

メニューから[設定とプライバシー]→[プライバシーとセキュリティ]→[見つけやすさと連絡先]と進みます。

「メールアドレスの照合と通知を許可する」と「電話番号の照合と通知を許可する」の両方をオフにします。これで相手のおすすめユーザーにあなたのアカウントが表示されなくなります。

アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
8.78.1
Twitter
Android
9.7.0-release.00
EDITED BY
AO