Twitterのツイート全消し・複数ツイートを一括で削除する方法まとめ

ツールで消した後はアプリ連携も解除しておこう

長い間使っているツイッターのアカウントには、これまで自分がしてきた数多くのツイートが山のように積み重なってしまいがちです。なかには、若かりし頃に呟いてしまった恥ずかしいツイートもあるかもしれません。

そんな思い出すのも嫌になるような過去のツイートたちが新しい友だちとTwitterでつながるときの妨げとならないよう、Twitterでの黒歴史をきれいサッパリ消してしまいましょう。

本記事では、ツールを使って自分のTwitterアカウントからつぶやきを一括削除(全消し)する方法を紹介します。

Twitterのツイートはまとめて消せる?

公式のTwitterアプリで自分のツイートを一括して削除することはできません。削除自体は可能ですが、消せるのは1つずつとなっています。ただ外部サービスの力を借りると、より簡単かつ効率的に複数ツイートを削除できます。

Twitterアプリでは1件ずつしか削除できない

Twitterアプリでは1件ずつしか削除できない

Twitterの公式アプリにはツイート削除の機能がありますが、1件ずつの削除のみの対応となっています。

特定のツイートを数件消す程度であればともかく、これまでのツイートが数百件もあったとしたらとても対応できません。

ツイートの一括・複数削除をするには外部サービスを使う

外部サービスには、Twitterアカウントでログインするとそのアカウントのツイートを一括削除してくれるサイトがあります。また、複数ツイートを指定して削除できるアプリもあるので、用途に合わせて使い分けをしましょう。

なお、外部サービスを使用する場合は、原則としてツイートを消したいTwitterアカウントでログインをする必要があります。

アカウント情報を外部に登録することになるため、アカウントの乗っ取りなどの不正利用が気になる人は利用を避けるか、ツイート削除後にサービスやアプリとの連携を解消しておきましょう。具体的なアプリ連携の解消方法については後述します。

一括・複数ツイート削除ができるツールと使い方

上述したように、外部ツールを使えば、ツイートの一括削除が可能です。

今回は、ツイートの一括削除サービスとして「黒歴史クリーナー」と、細かな条件を指定して一括削除もできる「ツイートの一括削除ツール!」、簡単な操作でサクサク削除できる有料の「Tweet Deleter」を紹介します。

Web上で一度に削除できるのは3200ツイートまで

ツイートの一括削除サービスを使って削除できるのは新着の3200ツイートまでとなっています(「ツイートの一括削除ツール!」のPC利用時は除く)。3200ツイート以上消したい場合は、複数回に分けての一括削除が必要です。

ただし、短時間で何度もツイートの一括削除をおこなうと、Twitter側がスパム行為と認識することがあります。3200ツイート以上を削除するつもりであれば、一括削除は時間をおいておこなうようにしてください。

「黒歴史クリーナー」

「黒歴史クリーナー」はWeb上のTwitter連携サービスです。Webブラウザで「黒歴史クリーナー」と検索するか下記リンクからアクセスしてください。

  1. 「黒歴史クリーナー」にアクセスしてアカウント連携

    黒歴史クリーナーのトップページ上部にある[ツイッターでログイン]をタップしたら、ツイートを消したいTwitterアカウントのユーザー名または登録メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

    ログイン後に[連携アプリを認証]を押せば、ツイート削除の手続きに進めます。

  2. 削除オプションを選択する

    削除オプションを設定

    設定が終わったら[削除を開始する]をタップ

    Twitterアカウントでのログインが完了すると、上記のようなメニュー画面が表示されます。「削除オプション」では、自分のリプライと他ユーザーから「いいね」されたツイートを削除対象から外したり、日付を指定してその間のツイートのみ消したりする設定が可能です。

    削除オプションの設定が完了したら、画面を下にスクロールして「開始メッセージ」と「完了メッセージ」の設定をおこないます。

    これらのメッセージは、黒歴史クリーナーでのツイート削除開始時とツイート削除が完了したタイミングで、自動的に自分のアカウントから投稿されます。メッセージを投稿したくない場合は、どちらも空白にしておきましょう。

    すべての設定が完了したら、[削除を開始する]をタップしてください。

  3. ツイートを削除する

    ツイート削除中の画面では、[キャンセル]を選択すると途中で削除を止められる

    完了メッセージが出たら[結果を見る]をタップ

    ツイートの削除中は「ツイート取得中…」と表示されます。しばらくすると「完了!」というメッセージが表示されるので、[結果を見る]をタップ。

    なお、気が変わってツイートの削除を止めたくなったら、削除が完了する前に[キャンセル]で削除をストップできます。

    削除結果の完了画面

    ツイートの削除が完了すると、処理結果の画面に「正常に終了しました」と表示されます。[DONE]をタップで黒歴史クリーナーのトップ画面へと遷移します。

    これで黒歴史クリーナーによるツイート削除は完了です。

「ツイートの一括削除ツール!」

「ツイートの一括削除ツール!」は、さまざまな条件を詳細に指定して、対象のツイートを削除できるWeb上のTwitter連携サービスです。

上で紹介した「黒歴史クリーナー」でも日付などの条件指定に対応していましたが、「ツイートの一括削除ツール!」では、特定の文字列や「いいね」の数といった、かなり細かい条件まで指定してまとめて削除できます。

「ツイートの一括削除ツール!」はPCから操作した場合、3200ツイート以上でも一括削除が可能です(ただしTwitterデータのアップロードが必要)。今回は、スマホからツイートを一括削除する場合を解説します。

  1. 「ツイートの一括削除ツール!」にアクセスしてアカウント連携

    ブラウザで「ツイートの一括削除ツール!」にアクセスしたら、[ツイッター認証]をタップし、ツイートを削除したいアカウントへのアクセスを認証します。

    ツイートを消したいアカウントのユーザー名または登録メールアドレスとパスワードを入力してログインできたら、[連携アプリを認証]を押しましょう。

  2. 削除方法を選択

    今回は削除方法で「Web上で削除する」を選択します(「ツイートデータから削除する」はPCのみ対応)。続いて、削除するツイートの条件を指定してください。

    画像や特定の文字列の有無、リツイートと「いいね」の回数、特定の日にちの指定が可能です。「RT」や「@」の文字列を指定すると、自身のリツイートやリプライに限定してツイートの一括削除ができます。特に条件の指定がない場合は「すべてのツイートを削除する」を選択します。

  3. 削除したいツイートを取得

    条件の指定ができたら[削除対象ツイート数を取得]をタップし、確認メッセージでも[OK]を選択。しばらくすると、取得した削除対象のツイート数が確認できます。

    [削除対象ツイートの確認]をタップすると、条件に合致した削除対象ツイートの一覧が表示されます。最初に設定した条件に加えて、さらに条件を指定したい場合は[さらに絞り込む]から再度条件を指定しましょう。

  4. ツイートを削除する

    削除するツイートの条件指定が済んだら、[削除を実行]からツイートの一括削除をスタートします。確認メッセージで[OK]を選択すると、ツイートの一括削除が実行されます。

    削除時間は対象ツイートの数によって異なりますが、しばらく待つと一括削除の結果がポップアップで報告され、ツイートの一括削除は完了です。

「Tweet Deleter」

「Tweet Deleter」では、日時やリツイート(RT)・返信(リプライ)・画像・動画などで細かく絞り込んで一括削除できるほか、自動削除や3200件以上の削除などもおこなえます(月額5.99ドルの無制限プラン)。海外のツイート削除ツールですが、日本語表示に対応しています。

今回は1カ月に5ツイートまで削除できる、無料体験版で削除の手順を解説します。

  1. 「Tweet Deleter」にアクセスしてアカウント連携

    まず、ブラウザで「Tweet Deleter」のトップページにアクセスしたら[Twitterでサインイン]をタップし、削除したいTwitterアカウントの情報を入力して、[連携アプリを認証]しましょう。

  2. ツイートを削除する

    認証が完了したら、下部の[ダッシュボード]ボタンを押しましょう。これまでのツイートが最新順に並んでいるので、フィルターをかけるなどして、削除したいツイートを表示させてください。

    削除するツイートの左横のチェックボックスにチェックを入れて、サジェストの[削除する]をタップすると、選択したツイートは削除されます。

    まずは無料体験版を試してみて、よかったら有料版に切り替えるのも良いでしょう。

ツイートを消した後にアプリ連携を解消する方法

上記のツイートの削除機能は、Twitterアカウントとのアプリ連携を利用したものです。そのため削除後もアプリ連携を解消しない限り、Twitterアカウントとつながったままの状態となってしまいます。

アカウントの乗っ取りや不正利用を心配に感じる人は、削除が終わったらアプリ連携を解除してしまいましょう。

Twitterアプリを開いたらメニューボタン​から[設定とプライバシー]を選び、続けて[セキュリティとアカウントアクセス]を選択してください。

続いて、[アプリとセッション]を選び、自身のアカウントと連携しているアプリ(ツール)の一覧を開きます。

連携アプリの一覧から、ツイートの一括削除に利用したアプリ(ツール)を選択して、[アプリの許可を取り消す]をタップすると、アプリの連携を解除できます。

ツイートの削除に関するよくある疑問と答え

ツイートの削除をめぐって、よく挙がる疑問点とその答えをまとめました。

削除したツイートは復元できる?

原則として復元できません。ただし、ツールによっては削除するツイートをアーカイブしておける機能を備えている場合があります(詳細)。

たとえば「TweetDeleter」では、削除したツイートをアーカイブに保存しておける機能があります(有料のアドバンス・無制限プラン)。アーカイブにはTweetDeleterを通じてのみアクセスできるというものです。

またアカウント削除によってツイートを消したときは、30日以内であれば再ログインすることで復活可能です。

削除したツイートが消えない? 残る?

キャッシュが残っている場合や外部サービスによって保存されたツイートなどの場合、削除されないこともあります(詳細)。

Googleなどの検索エンジンにインデックスされたコンテンツやTogetterにまとめられたツイートなどのように、サードパーティーのウェブサイト・アプリでキャッシュが残っていたり、コピーが投稿されていたりするときは、それらを削除することはできません(時間を置いて消える場合もあります)。

アカウント削除でもツイートを全消しできる?

ツイートをきれいさっぱり消したいほどの状況なら、アカウントの削除も選択肢の一つです。Twitterアカウントを削除すると、これまでの自分のツイートがすべて削除されます。

Twitterアカウントの削除

また、アカウント削除後30日以内なら、アカウントは復活させることができます。ツイートの削除を取り止められる猶予期間があるというわけです。

アプリ「Twitter」をダウンロード
EDITED BY
TOKIWA
KON