現像した紙焼き写真・ネガをスマホに取り込む(スキャン)方法

思い出の写真を劣化させずに保管

スマホに紙焼き写真・ネガフィルムを取り込む方法

むかし撮影・現像した紙焼き写真がたまっていませんか。未整理のままで箱などに入っているという人も少なくないでしょう。紙焼きの写真やフィルムは、放置しておくとどんどん劣化します。アルバムに貼り付けた写真も色合いが悪くなってきます。

そこで今回は、紙焼きの写真やネガフィルムをスマホに画像データとして取り込む方法を紹介します。古い写真もデータ化しておけば劣化しません。保存場所も取りませんし、アルバムに貼り付ける面倒さもないのです。

何より嬉しいのは、古い写真も最近の写真と一緒にスマホのアルバムで管理できることです。常に持ち歩いて、好きなときに見ることができます。Googleフォトなどに保存しておけば、バックアップにもなって安心です。iPhoneやAndroidスマホがあれば、紙焼きの写真、フィルムどちらも撮影して取り込めます。

Googleフォトの使い方 超入門──容量無制限で写真・動画をバックアップ

紙焼き写真をスマホに取り込む方法

紙にプリントされている写真を取り込む方法を紹介します。さまざまなアプリがリリースされていますが、おすすめは「フォトスキャン by Googleフォト」です。文字通りGoogle製のアプリで、無料かつ広告も表示されません。

最大の特徴は、写真が光ってしまうことが防げることです。昔の写真は、光沢のあるプリントがされていることが多く、スマホで取り込む際に部屋の照明などが映り込んで光ってしまうのです。

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

「フォトスキャン」アプリを使う。今回はiPhoneで作業しているが、Androidスマートフォンでも利用可能だ

1. 取り込む前の準備

紙焼きの写真は、スマホで撮影した写真に比べると鮮やかさが足りなく感じるかもしれません。しかし、スマホに取り込めば好みのアプリで色合いの調整などもできます。劣化する前にいち早く作業しておきましょう。

写真が反り返っているとうまく取り込めないので、本などに挟んでまっすぐにしておきます。またフォトスキャンは、自動で輪郭を把握して取り込みます。写真とのコントラスト比が高い背景がおすすめです。

たとえば黒っぽい写真なら、グレーや白などの紙の上に置くとよいでしょう。白っぽい写真なら、黒っぽい背景がきれいに取り込めます。迷ったときは、グレーの紙を使うとほぼ問題なく取り込めるはずです。

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

写真を取り込む準備をする。写真が丸まっている場合は、真っ直ぐにしておく

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

背景との色合いやコントラストを考えて、取り込みやすい色合いを考える

2. 写真を撮影して取り込む

フォトスキャンを起動すると、画面は普通のカメラのように表示されます。続いて、紙焼きの写真を撮影して取り込みます。写真に近づくほど解像度は高くなります。また、カメラの画素数が高いスマホほど精細に取り込めます。

シャッターボタンを押すと画面の上に4つの「●」が表示されます。円形をその●に合わせるように、4箇所で固定すると取り込まれます。撮影時には、なるべく写真が光らないように設置する位置を考えます。また、電灯に対して自分やスマホが影を作らないようにしましょう。

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

写真が画面に収まるようにする。もちろん横で撮影してもOK

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

シャッターボタンを押すと4つの円形が表示される

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

白抜きの円を、白い4つの円に合わせるように動かすと撮影終了

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

このように取り込める。必要なら角度調整などもできる

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

写真は自動でアルバムにも保存される

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

取り込んだ写真

3. アルバムに貼り付けた写真を取り込む

アルバムに貼り付けた写真も、同じ手順で取り込めます。ただし、紙焼きのように好みの背景に写真を置くことができません。写真の輪郭がうまく判断されないこともあります。とはいえ、実はあまり問題はありません。大きめにスキャンしておき、必要な写真の輪郭を指定して切り抜けばいいのです。

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

アルバムに貼り付けた写真も取り込める

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

撮影時には取り込みたい写真を真ん中に置くようにする

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

取り込む作業は同じ

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

写真が取り込めた

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

必要な写真の輪郭を指定して切り抜く

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

写真はアルバムに保存できる

スマホ 紙焼き写真 取り込み フォトスキャン Googleフォト

取り込んだ写真

ネガフィルムをスマホに取り込む方法

ネガフィルムを取り込むには、パソコンに接続したフィルムスキャナーを利用するのが一般的でした。しかし最近は、機能が充実したスマホ用のアプリも登場しているので使ってみましょう。今回は「NEGAVIEW PRO」を使います。iPhone、Android版があり、どちらも370円です。

NEGAVIEW PROでネガを取り込むためには、ライトテーブルが必要です。ネガやポジを見るための専用の箱のような台ですが、タブレットやパソコンがあれば代用可能です。つまり、白く光っていればいいのです。

これはスマホでも対応でき、iPadやiPhoneなら「メモ」を表示して白い画面を均一に光らせます。この上にネガを置き、その状態でNEGAVIEW PROで撮影すればよいのです。暗い部屋で作業すれば、ネガが光ってしまうこともありません。

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

NEGAVIEW PROアプリで昔のネガをプリントせずにスマホに取り込める

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

今回はライトテーブル代わりにiPadを用意。メモを表示して画面を白く光らせる

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

上にネガを置く

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

このように表示できればOK

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

その状態をNEGAVIEW PROで撮影すると、カラーの写真になる。必要に応じて色の調整も可能だ

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

写真を撮影するとアルバムに保存できる

スマホ ネガ 取り込み NEGAVIEW PRO

必要な写真だけをトリミングすればよい

まとめ

なかなか外出しづらい期間が続いているので、この機会に写真を整理してはいかがでしょうか。家族の写真を含め、紙焼きやネガをデータ化しておけば、いつでもスマホで見返すことができます。また、万一の災害などが起こってもクラウドにアップロードしてあれば、写真が失われることがありません。

なお、本記事の内容に関連して、動画でも紙焼き写真やネガのスマホ取り込みについて紹介しています。是非ご覧ください。

構成・文:戸田覚

編集:アプリオ編集部