超便利、スマホで外出先からエアコンを遠隔操作する方法

普通のエアコンでも可能

「うっかりエアコンを消し忘れて外出してしまった」という失敗は、誰もが一度は経験したことがあるはず。ただでさえ電気代が高騰している昨今、誰もいない部屋でエアコンが効いていることほどもったいないことはありません。

そこで本記事では、外出先からスマホでエアコンを遠隔操作する方法を解説。高価な「スマートエアコン」でなくても、外付けのツールを使えばメーカーや型番、年代関係なくあらゆるエアコンの遠隔操作が可能になります。

スマホで外出先からエアコンを遠隔操作できる仕組み

もとからスマホとの連携機能が内蔵されていない、いわゆる「普通」のエアコンは、赤外線方式のリモコン採用しているケースがほとんどです。

これら赤外線で指示を送るタイプのエアコンは、室内・室外関係なくスマホで直接操作することは基本的にはできません。スマホでエアコンを操作するには「スマートリモコン」と呼ばれるアイテムを間に挟む必要があります。

「スマートリモコン」とはざっくり言えば、スマホからインターネット経由で送った指示を赤外線に変えて家電に送ってくれる機器のこと。

これを利用すると、(1)外出先からモバイルデータ通信を経由してスマホからスマートリモコンに指示を送る(2)家に設置したスマートリモコンがエアコンに対して赤外線で同じ指示を送る、といった流れで出先からエアコンの遠隔操作が可能になります。

またスマートリモコンを導入すると、エアコン以外の家電もスマホ1台でまとめて操作できるようになるので大変便利です。テレビ、エアコン、照明、扇風機……と大量のリモコンを手元においておく必要がなくなりますし、いちいち専用リモコンを探す煩わしさからも解放されるでしょう。

用意するもの

自宅にWi-Fi環境があれば、用意するのは「スマートリモコン」だけでOKです。

「Nature Remo mini 2」手のひらサイズでコンパクトかつ軽量。部屋の中にあっても邪魔にならない

筆者が使用しているスマートリモコンは「Nature Remo mini 2(ネイチャーリモ ミニ2)」という製品。エアコンだけでなく、テレビや照明、扇風機など、赤外線リモコンが付属している家電であればどれでも使用できます。

使用してから1年ほど経ちますが、反応しなかったり、動作が遅れたりといったトラブルはほとんどありません。もちろん、外出先からの遠隔操作も問題なくおこなえています。

あらかじめ用意された家電プリセットが優秀なので、国内メーカー製のエアコンはかなりスムーズに設定できるはずです。Amazon売れ筋ランキングでも上位常連の人気商品で口コミも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

対応するエアコン

赤外線リモコンが付属しているエアコンであれば、メーカーや型番、年代に関係なく「スマートリモコン」操作できます。

しかしその一方で、赤外線以外の通信方式(RF方式など)を採用するエアコンには対応していません。念のため、リモコンの通信方式を説明書やメーカーのホームページで確認しておくことをおすすめします。

また、スマートリモコンでエアコンを操作するには、付属のリモコンを使った初期設定が必須です。エアコン付属のリモコンが故障・紛失などで扱えない状況では、スマートリモコンを設定できません。「付属のリモコンが壊れたから代替品としてスマートリモコンを買おう」と考えている人は注意してください。

スマートリモコンの設定方法

ここからは、実際にスマートリモコン「Nature Remo mini 2」を使ってエアコンを遠隔操作する方法を紹介します。

スマートリモコンをエアコンの近くに設置する

まずは、Nature Remo mini 2を電源に接続し、任意の場所に設置しましょう。なるべくエアコンの近くが好ましいですが、備え付けのリモコンで操作できる距離で、かつ障害物を挟まない場所ならどこでも構いません。

なお、Nature Remo mini 2の付属ケーブルはUSB-Aタイプなのですが、電源に接続するためのACアダプタが同梱されていません。自宅にACアダプタがない場合は、別途用意する必要があります。

エレコム USB コンセント充電器

専用アプリをスマホインストール

アプリ「Nature Remo」をダウンロード

上のボタンから「Nature Remo」アプリをスマホにインストールしましょう。

「Nature Remo」アプリはiOS 12.0以降、Android 6.0以降で対応しています。これより前のバージョンを使っている人はOSアップデートが必要です。

Androidスマホをアップデートする流れとやり方 初心者向けに解説 iPhoneでiOSをアップデート(バージョンアップ)する方法

アプリのセットアップを完了させる

Nature Remoアプリを起動して「アカウントを作る」に進みます。利用規約を一読し、問題なければ次へをタップ。

アカウント登録のため、名前を入力します。「ようこそ!」と表示されたら、メールアドレスを入力しましょう。

入力したメールアドレス宛にメールが送信されます。届いたメールを開き、ログインボタンをタップしてください。

利用する国とモデルをそれぞれ選択します。

Wi-Fiが届く位置に「Nature Remo mini2」があることを確認したら、次へをタップ。

「デバイスを検索中」と表示され、しばらくして「デバイスが見つかりました」という画面になったら次へをタップしてください。

自宅Wi-FiのSSDとパスワードを入力して次へをタップ。Nature RemoがWi-Fiへの接続を試みます。

最後に、デバイスにわかりやすい名前を付けたらセットアップ完了です。

エアコン付属のリモコンを使って設定する

セットアップが終了したら、付属のリモコンを使ってスマートリモコンにエアコンを登録します。今回は、一例としてHITACHIのエアコン「白くまくん」を操作できるように設定する手順を紹介します。

「コントロール」タブを開いて+をタップし、メニューから「新しい家電を追加」を選択します。

一覧から操作したい家電を選びます(ここでは「エアコン」を選択)。赤外線の受信待ち画面が表示されたら、付属のリモコンを取り出します。

「Nature Remo mini2」に向かってリモコンの「運転開始」ボタンを押します。「運転開始」ボタンがない場合は「冷房」ボタンを押しましょう。

リモコンで押したボタンの赤外線信号を元に、エアコンのメーカーが表示されます。

画面上の電源のスイッチをタップして、エアコンのオン/オフができるか試してみてください。問題なく動作すれば動きますを押します。

最後に、エアコンの詳細情報が表示されます。任意でエアコンの表示名を変更し、保存をタップしましょう。

エアコンを遠隔で操作してみる

最後に、室外からエアコンを遠隔操作ができるかテストします。わざわざ外に出なくても、スマホのWi-Fi通信をオフにして、モバイルデータ通信経由でエアコンを操作できるか試してみればOKです。

まず、スマホのWi-Fi通信をオフにしてモバイルデータ通信に切り替えましょう。

「Nature Remo」アプリを開き、トップ画面で先ほど設定したエアコンをタップします。

すると、上のような操作画面が表示されます。まずは一番左の電源ボタンでエアコンのオン・オフができるか試してみましょう。

なお、Nature Remo mini 2には温度センサーがついており、常に操作画面で部屋の室温を確認できる仕様になっています。今現在、部屋のエアコンがついているのか/消えているのか確認したいときに便利です。

電源をつけられたら、モードの切り替えができるか試してみます。左から2番目のボタンをタップして、冷房・暖房・ドライ(除湿)などに切り替わるか確認してみましょう。

EDITED BY
MOEGI