Dolphin Browser、スパイウェア疑惑を払拭するため開発元が背景と対応を説明

2011-11-20 2:47
記事タイトルとURLをコピーする
Dolphin Browser(ドルフィンブラウザ)を運営しているMoboTapより、Dolphin Browser HDスパイウェア疑惑に関する情報がアプリオ編集部に寄せられた。内容は、背景と対応について、詳しく説明したものだった。以下、全文を掲載する。

Webzine ではユーザーデータを蓄積していません

米国時間の10月25日、弊社の(当時)最新版アンドロイド用Dolphin HD 7.0がWebzine専用URLの情報を閲覧、中継しているとのご指摘をいただきました。この件ではユーザーの皆様をはじめ、多くの方にご心配とご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。

このことに関して、悪意のある取得でないこと、また本来の目的以外に悪用したことも、今後することも決してないことをここに表明いたします。

背景

今回のDolphin HD 7.0では、人気の Webzine機能にいくつかのアップデートを行いました。そのひとつが「Toggle Webzine」ボタンで、現在閲覧しているウェブページを Webzineで閲覧することができる機能です。

現在およそ300のWebzineがサポートされていますが、まずはユーザーが閲覧しているURLをその300のWebzineコラムが保管されているデータベースと照らし合わせる必要があります。これがXDA-Developersで指摘された「情報の送信」です。

このURLはDolphinに保存されることはなく、そのURLのWebzineが存在するかどうか相互参照するためだけに使われていました。存在する場合は、閲覧中のサイトがすぐにWebzineフォーマットに変更されます。存在しない場合は、そのまま通常のモバイルサイトとして表示されます。

繰り返しになりますが、弊社ではユーザー閲覧履歴や個人情報を得て不当に利用することはありません。最初からユーザーの皆様へこのことを明確にお伝えしていなかったことを、深くお詫び申し上げます。

対応

Toggle Webzineは、Dolphin Browserアプリケーションにおいて必要不可欠な機能ではないため、同月29 日にこの機能を削除してアンドロイド版7.0.2としてアップデートいたしました。

また、iOS 版でも同様の問題が見られたため、11月15日からアップデート版がDolphin iOS 2.0としてAppStoreでダウンロードいただけるようになっております。こちらでもToggle Webzine機能は削除しています。

皆様のご心配や混乱を防ぐため、一時的に当機能を削除いたしましたが、機能としては「Toggle Webzine」はウェブを閲覧するのに便利だと考えており、今後のリリースでは「オプトイン」機能として追加する予定です。コードと URL確認プロセスはユーザーの皆様に対して完全に明確であるようにし、利用のご希望をいただいた場合のみ機能させます。

皆様からのご指摘の通り、今後はこれまで以上にユーザーのプライバシーについて細心の注意を払い、対応して参ります

Q&A

Dolphin Browserはユーザーの皆様からのサポートとご意見なしには、最高のモバイルブラウザとしてここまで成長することはできませんでした。

今回URL閲覧情報の送信に最初からユーザーの皆様にご説明及びご確認がなかった問題について、スレッドやブログのコメント欄、ウェブ上の声を拝見し、たくさんのメモを取ってきました。Dolphinのセキュリティとプライバシーについて、よくいただくご質問やご意見 5 つについて以下に回答いたします

ターゲティング広告のためにブラウザの閲覧履歴を保存しているのではないか

これまでも、これからも、Dolphinは広告用にデータを蓄積するために利用されることはありません。弊社ではアプリの収益化のためにユーザーの個人情報を売却することはありません。

集められたデータは削除されていますか?

問題のご指摘を最初にいただいてからすぐに関連サーバーのデータを消去いたしました。DolphinユーザーのURL履歴を辿ることは不可能です。

Android v7.0.1では問題を解決できなかったようですが、v7.0.2で解決ができたという証明は?

技術的なお話になりますが、Toggle Webzine が無効となり問題が 100%解決しているということを見分けるにはいくつか方法があります。

ひとつ目は、ユーザーインターフェイスです。以下のスクリーンショットが v7.0と v7.0.2 の違いを表しています。v7.0.2 のアドレスバーには Webzine のボタンが表示されていないことが分かります。


二つ目は、「packet sniffer」ツールを利用する方法です。お使いの電話から、アプリケーションを通してどのデータが送られているのかが分かります。以下のスクリーンショットから、v7.0では Webzine へ外部送信リクエストがあることが認められますが、最新の v7.0.2では外部送信リクエストは認められません。


最初にご指摘をいただいた XDA-developer post でもこの改善が認められています。

iOS バージョンでも問題は解決されますか?

解決されました。Toggle Webzine機能はiPhone、iPad用Dolphin にもありました。既にこの機能を削除したアプリ、Dolphin iOS 2.0がAppStoreからダウンロードいただけるようになっております。

今後Toggle Webzineを安全な機能にするために、どのような対策をとりますか?

ユーザーのプライバシーとセキュリティを守るためにできることを全て行います。今後リリースされるDolphinはToggle Webzineにおいて全てオプトアウトではなくオプトインのプロセスをとり、暗号化したデータを利用します。

最後に

毎日ユーザー数が最高値を更新し続けていることは、弊社にとって大変大きな誇りであり、このようなユーザーの皆様のご指摘なしには遂げられないことだと理解しております。

これからもユーザーの皆様から学ばせていただき、常にコメントやご意見に耳を傾け、お応えしていけるよう務めて参ります。

引き続き皆様からのご意見をお待ちしております。ぜひ以下のメールアドレスへご連絡ください。

support-japan★dolphin-browser.com(★は@)

備考

Dolphin Browserとは

世界で初めてジェスチャー機能を可能にした、スマートフォン/タブレット無料ブラウザ。

2009年10月にアンドロイド版でサービス開始して以来、アドオンやWebzineなど世界初の機能を追加し、スマートフォンでのブラウジング体験に革命を起こしています。

100万ダウンロードを突破した2010年6月から1年後には800万ダウンロードを突破。

2011年7月にはSequoia CapitalとMatrix Partnersから1000万ドルの投資を受けました。

同年8月に待望のiPhone版をリリースすると、翌月には24時間以内に米国を含む10カ国のApp Store内「仕事効率化」カテゴリにて首位を獲得。

世界中でたくさんのユーザーのみなさまにご愛用いただいています。

MoboTapとは

携帯電話でのウェブ利用体験をより良くすることでモバイル革命を進めるために尽力しているモバイル・テクノロジー開発会社です。

実績豊富で国際色豊かなエンジニアと起業家により設立。米国サンフランシスコに拠点を置き、無料のウェブブラウザDolphin Browserでモバイル改革を始めています。