Twitter、サークル機能の公開対象ユーザーを拡大

対象ユーザーはメニューに「Twitterサークル」が追加される

Twitterは、限られたユーザーのみにツイートを公開できる機能「Twitterサークル」の機能公開ユーザーを拡大しているようです。

Twitterサークルは、最大150人のユーザーで構成される「サークル」のユーザーのみに自身のツイートを公開できる機能。2022年5月からテストが開始されており、一部のユーザーのみが利用できる状態でした。今回、Twitterサークルの機能を利用できるユーザーの拡大があったとみられ、Twitter上ではTwitterサークルの追加報告が多く挙がっています。

対象者はメニューに「Twitterサークル」が出現

サークルのメンバーの編集などができる

Twitterサークルが利用できるようになったユーザーは、メニューに「Twitterサークル」が新たに追加されており、サークルのメンバー管理などをおこなうことができます。ただし、すべてのユーザーへの実装というわけではないため、機能公開の対象ユーザーに選ばれなかった場合はメニューに「Twitterサークル」の項目が表示されません。

EDITED BY
TOKIWA