PayPay、PayPayカード利用速報サービスを8月3日に開始

PayPayアプリで通知を受け取るにはPayPayあと払いへの登録が必要

PayPayは2022年8月2日、PayPayカードでの利用分をPayPayアプリから即時通知する「PayPayカード利用速報サービス」の提供を開始すると発表しました。PayPayカード利用速報サービスは2022年8月3日から利用できます。

PayPayカード利用速報サービスは、PayPayカードの利用情報が通知で確認できる機能。PayPayあと払いに登録しているPayPayカードユーザーは、PayPayアプリからのプッシュ通知で利用情報の確認ができます。PayPayあと払いに未登録のユーザーには、PayPayカードに登録しているメールアドレスか、PayPayカード会員メニューの「メッセージボックス」宛に利用情報が送信されます。

PayPayアプリから通知されたPayPayカード利用情報は、PayPayアプリ内の「あと払い」アイコンのメッセージボックスからも確認可能です。メッセージボックスで確認できるのは、直近3日以内の最大20件までの利用情報。メッセージボックスに表示されない利用情報を確認するには、PayPayカードの利用明細をチェックする必要があります。

PayPayカードの利用情報が即時通知されるようになることで、身の覚えのないカード利用にすぐ気づけるようになり、カードの不正利用への迅速な対処が可能になります。ただし、以下に当てはまるPayPayカード利用分は、PayPayカード利用速報サービスの通知対象外となります。

PayPayカード利用速報サービスの通知対象外となる利用分
  • PayPayあと払い、PayPay残高、PayPayアプリを介したPayPayカードの決済
  • 家族カードの利用分
  • 300円未満の利用分
  • Apple Pay(QUICPay)の利用分
  • ETC、ガソリンスタンド、タクシーなどでの利用分
  • 携帯電話、公共料金、保険料などの月々の継続的な支払い
  • 利用キャンセルの場合
  • 利用時にカードの有効性確認の処理がされない利用分
EDITED BY
TOKIWA