アップル、macOS Venturaを発表 iPhoneをMacのウェブカメラにできる

iPhoneをウェブカメラとして使うにはiPhone XR以降である必要がある

Appleは2022年6月6日(米国時間)、開発者向けイベント「WWDC 2022」において、「macOS Ventura(ヴェンチュラ)」を発表しました。macOS Venturaは2022年秋ごろリリースされます。

連係カメラでiPhoneをMacのウェブカメラに

macOS Venturaでは、iPhoneをMacのウェブカメラとして利用できる「連係カメラ」機能が利用できます。MacにiPhoneを近づければ、iPhoneのスリープ解除などをしなくても、MacがiPhoneのカメラを自動的に認識してウェブカメラとして使えるようになります。連係カメラは、2ファクタ認証を利用して同一のApple IDにサインインしており、Wi-FiとBluetoothがオンになった状態であれば無線接続で利用できます。

超広角カメラを搭載するiPhoneであれば、手元を同時に映す「デスクビュー」を利用できる

iPhone 11以降の超広角カメラを搭載した機種では、ユーザーの顔を映しながら、デスクを上から見た視点を同時に表示するデスクビューに対応します。デスクビューでは、手元の映像も映しながら撮影ができるため、DIYや料理など、手元の作業を映す必要のある場面で活用できるでしょう。超広角カメラを搭載したiPhoneでは、ビデオ通話中に動いてもユーザーが中心になるよう調整してくれるセンターフレーム機能も利用できます。

なお連係カメラは、iPhone XR以降のモデルに対応します。

ステージマネージャはアプリやウインドウを自動で整理してくれる

また、Macのディスプレイ上に開いているアプリやウインドウを自動的に整理する「ステージマネージャ」も新機能として追加されます。ステージマネージャでは、ユーザーが作業をおこなっているウインドウを中央に目立つように表示し、ほかの開いているウインドウはディスプレイの左側に小さく表示されるようになります。画面左側に表示されているウインドウを選択すれば素早く切り替えができるので、メインのウインドウで作業をしながらでも、他のウインドウと行き来しながらマルチタスクをこなすことができます。

EDITED BY
TOKIWA