M1 Ultra搭載の新型デスクトップ「Mac Studio」発表、27インチ5Kディスプレイ「Studio Display」も登場

Mac miniの強化版

Appleは2022年3月8日(米国時間)、Appleイベントにおいて新型デスクトップ「Mac Studio」と、27インチディスプレイ「Studio Display」を発表しました。

最高レベルのM1 Ultraを搭載した新型デスクトップ「Mac Studio」

Mac Studio

Appleが新たに発表したデスクトップ「Mac Studio」は、Appleが開発を進めているM1チップで最も高性能な「M1 Ultra」を搭載したモデルを用意しています。

M1 Ultraは、2つのM1 Maxダイを組み合わせたチップです。M1 Maxにはもともと別のM1 Maxダイに接続するUltra Fusionという機能が搭載されていました。このUltra Fusionを利用することにより、M1 Max単体の2倍のCPUやGPU、Neural Engineなどを実現しました。

M1 Ultraのパワーにより、CPUパフォーマンスは10コアIntel Core i9搭載の27インチiMacの5.3倍、GPUパフォーマンスはRadeon Pro 5700 XT搭載の27インチiMacの5.0倍まで強化されています。これにより、巨大な3D環境のレンダリングなどの高い負荷の作業が可能になりました。

四辺はMac miniと同サイズ、高さは9.5cmとやや分厚い

Mac Studioはその高いパフォーマンスの一方で、Mac miniと同様の19.7cm四方というコンパクトなサイズとなっています。高さは9.5cmとMac miniよりも6cm程度高くなっていますが、デスクの上などで無駄なスペースをとることはないでしょう。

本体前面。USB-Cポートが2つとSDカードスロットが1つ

本体背面。ThunderboltポートやUSB-Aポート、HDMIなど計8つのポートが用意されている

コネクタも充実しており、前面にはUSB-Cが2つ、SDカードスロットが1つ用意されています。さらに背面には、Thunderbolt 4が4つと10Gb Ethernetが1つ、USB-Aが2つ、3.5mmヘッドフォンジャックが1つと、合計で8つのコネクタがあります。

Mac Studioは、M1 Max搭載モデルとM1 Ultra搭載モデルの2種類から選択可能。ストレージはどちらも最大8TBまで対応します。本体価格はM1 Max搭載モデルが24万9800円(税込)から、M1 Ultra搭載モデルが49万9800円(税込)からとなっています。

発売日は2022年3月18日で、予約注文はすでに開始されています。

27インチ 5K Retinaディスプレイ「Studio Display」

Studio Display

Mac Studioとあわせて、新たなディスプレイ「Studio Display」も発表されました。Studio Displayは、オールスクリーンデザインで27インチの5K Retinaディスプレイを搭載。解像度は5120 ✕ 2880ピクセルとなっています。

フロントカメラには、「センターフレーム」機能に対応した1200万画素の超広角カメラを採用。ビデオ通話の際にある程度動き回っても、「センターフレーム」機能によりカメラが自動でユーザーをフレームの中心に映るよう調整してくれます。

スピーカーを6つ搭載。空間オーディオにも対応する

スピーカーはディスプレイ下部に6つ搭載。4つのフォースキャンセリングウーファーと、2つの高性能ツイーターによって、最も原音に忠実なサウンドを響かせるといいます。空間オーディオにも対応するため、ドルビーアトモス対応の映画や音楽を再生する際は、音の立体感を感じられます。

コネクタは背面に4つ

コネクタは、USB-Cポートを3つとThunderboltポートを1つ用意。Thunderboltポートからは、対応するMacBookの高速充電をすることもできます。

オプションでスタンドを変更することも可能

Studio Displayの本体価格は、19万9800円(税込)から。ディスプレイを「Nano-textureガラス」に変更したり、スタンドのオプションを付けたりすると価格が変動します。

発売日は2022年3月18日で、予約注文はすでに開始されています。

EDITED BY
TOKIWA