アップル、iPhone 13の36回払いプランを提供開始 下取り込みで1600円/月から

「ペイディあと払いプランApple専用」での購入が対象

Appleは2022年2月22日、iPhone 13シリーズの購入に「ペイディあと払いプランApple専用」を利用すると、金利0%で36回払いができるプランを提供開始しました。本プランの提供期間は2022年2月22日から8月2日まで。

「ペイディあと払いプランApple専用」は、株式会社PaidyがApple StoreとAppleオンラインストアのみで提供する後払い決済(BNPL)サービス。ユーザーはPaidyによる審査を受けた後、iPhoneやiPad、MacなどのApple製品を指定の分割回数で支払うことができます。支払い方法は、「コンビニ払い」「口座振替」「銀行振込」の3つに対応しており、「口座振替」と「銀行振込」は分割手数料が無料となります。

通常、「ペイディあと払いプランApple専用」を利用してiPhoneを購入すると24回払いとなるところ、今回のプランではiPhone 13シリーズに限り36回払いが適用されます。また、購入から24カ月目に新しいiPhoneにアップグレードすると、25カ月目以降の残額の支払いが不要となります。ただし、アップグレードの際には、本プランで購入したiPhone 13の返却が必須です。

本プランでのiPhone 13購入時に、Appleの下取りサービス(Apple Trade In)を併用すると、月々の支払額をさらに抑えられます。Appleによる下取りを含めた月々の支払い例は以下のとおり。

iPhone 11シリーズを下取りに出した場合の月々の支払い例
購入端末 下取り端末

月々の分割払い(36回)

iPhone 13 Pro Max iPhone 11 Pro Max 2650円/月から
iPhone 13 Pro iPhone 11 Pro 2500円/月から
iPhone 13 iPhone 11 1933円/月から
iPhone 13 mini iPhone 11 1600円/月から

購入端末と下取り端末の本体価格は、いずれも最小ストレージモデルで計算

「ペイディあと払いプランApple専用」を利用するには、ペイディアプリから本人確認をした上で、「ペイディあと払いプランApple専用」に申し込みます。審査による利用可能額を確認し、Apple StoreまたはAppleオンラインストアで「ペイディあと払いプランApple専用」を選択して支払いをおこないます。

「ペイディあと払いプランApple専用」は、ユーザーが任意の支払回数を設定できないというデメリットがあるものの、金利0%や下取り額の反映といったメリットもあります。また、本プランでは24カ月目のアップグレードによる残債の免除もあるため、最新のiPhoneが欲しいけれど、まとまった出費は避けたいという人に合った支払いプランと言えます。

アプリ「ペイディ」をダウンロード
EDITED BY
TOKIWA