NFTアートをTwitterのプロフィール画像に設定できる時代が来る? 一部ユーザーにオプションを表示

NFT導入のテストが進行中

Twitterは、ユーザーのプロフィールにNFT画像を導入するテストを進めているようです。一部ユーザーに、NFTプロフィール画像を設定する通知画面が表示され話題となっています。

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、画像や音楽といったデジタルデータに対して唯一性と所有権を証明する鑑定書のようなもの。NFTは自由に取引ができ、コンテンツのクリエイターとNFTの所有者はブロックチェーン上に記録・公開されます。複製が容易なデジタルデータに対して所有者を明確に定めることで、複製品の取引を防ぎやすくなるという利点があります。

NFT画像のプロフィール設定を促す通知画面

Twitterは、このNFT画像をプロフィール画像に導入するテストを進めています。今回、一部のユーザーに対するNFTプロフィール画像設定の通知画面がシェアされたことで、TwitterによるNFT導入テストの進捗が伺えます。

NFT画像を設定したプロフィールは6角形で表示される

Twitterのプロフィール画像にNFT画像を設定すると、通常は円形のアイコンが6角形になります。6角形のプロフィールアイコンをタップすると、アイコン画像のプレビュー表示のほかに、NFTのクリエイターや所有者などの詳細情報を確認できます。

EDITED BY
TOKIWA