アップル、新型iPad ProやAirTagなどの新製品を発表

アップル、新型iPad ProやAirTagなどの新製品を発表

Appleは2021年4月21日、新製品の発表会をおこない、新型iPad ProやAirTagなどの新製品を発表しました。

新型iPad ProはM1チップを搭載し5Gに対応

Apple 新型iPad Pro 2021

新たに発表されたiPad Proは、AppleのM1チップを採用し、5G通信に対応しています。RAMも初めて明記しており、ストレージ128GB〜512GBまではメモリ8GB、1TB〜2TBではメモリ16GBを搭載。従来モデルから大幅に性能を引き上げています。

本体のデザインはこれまでのiPad Proのスタイルを継承し、ディスプレイは11インチと12.9インチを用意。12.9インチのモデルには、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載します。解像度は、11インチが2388×1688ピクセル、12.9インチが2732×2048ピクセルです。12.9インチのモデルには1万個以上のLEDを埋め込み、ピーク輝度の1600ニトを実現しています。

Apple 新型iPad Pro 2021

ポートには、USB 4にも対応するThunderboltを採用。これまでのUSB-Cよりも高速な通信が可能です。認証システムは、従来のiPad Proシリーズと同様にFace IDを採用します。

価格は11インチモデルが9万4800円(税込)から、12.9インチは12万9800円からとなっています。4月30日から予約を開始し、5月後半に発売される予定です。

iPhone 12に新色の「パープル」が追加

iPhone 12 パープル

iPhone 12とiPhone 12 miniに新色の「パープル」が追加されました。新色のiPhoneは4月23日から予約を開始し、4月30日から発売されます。

価格は他のカラーと同じく、iPhone 12が9万4380円から、iPhone 12 miniが8万2280円から。iPhone 12/12 miniのカラーバリエーションは、パープルを加えて6色展開となります。

忘れ物防止タグの「AirTag」を発表

AirTag

かねてから発表が予測されていたAppleの忘れ物防止タグである「AirTag」がいよいよ発表されました。

AirTagは「探す」アプリを利用して、ユーザーに物の場所を伝えます。「探す」アプリからAirTagの音を鳴らすこともできるため、服のポケットやカバンの中などに埋もれてしまっていても確実に見つけられます。iPhone 11シリーズとiPhone 12シリーズでは、「正確な場所を見つける」機能が利用可能。AirTagまでの距離や進む方向が画面上でわかります。

AirTag

離れた場所に置き忘れてしまった場合でも、世界中のユーザーが持っているiPhoneやiPadを利用して追跡できます。AirTagから発信されたBluetoothの信号を周囲にいるユーザーのiPhoneなどが検知すると、その位置情報がiCloud経由で送られ、AirTagのある場所が把握できる仕組みです。このプロセスはすべてバックグラウンドで匿名でおこなわれ、情報は暗号化されるためプライバシーは守られるとしています。

AirTag

サイズは直径31.9ミリ×厚さ8ミリ、重さは11グラム。IP67等級の耐水性能と防塵性能を備えています。バッテリー(CR2032)は毎日の使用で1年以上持続するように設計されており、取り外し可能なカバーにより簡単に交換も可能です。価格は1個3800円で、4個セット(1万2800円)もラインナップ。4月23日に予約受付を開始し、4月30日から販売されます。

AirTag

EDITED BY TOKIWA