JINS、メガネをかければVTuberになれる「VTUNER」アプリをリリース 顔バレのリスクなしで配信可能

メガネ型ウェアラブル機器「JINS MEME」のセンサーを応用

株式会社ジンズは2021年12月1日、顔を撮影しなくてもモーションキャプチャーでアバターをコントロールできる「VTUNER」アプリをiPhone向けにリリースしました。VTUNERアプリでのモーションキャプチャーには、同社のセンサー付きメガネ「JINS MEME」を活用します。

JINS MEMEは、メガネの鼻当て部分にセンサーなどのメカパーツが組み込まれているメガネ型ウェアラブルデバイス。専用のスマホアプリと連動し、着用者の姿勢や集中力などが測定可能です。

Image

JINS MEMEの動きとアバターが連動する

VTUNERアプリでは、JINS MEMEのセンサーを活用したモーションキャプチャーにより、リアルタイムでアバターのAR合成撮影ができます。JINS MEMEの着用者をカメラで撮影しているわけではないため、いわゆる配信中の「顔バレ」といったリスクがありません。

アバターの背景は、スマホのアウトカメラで撮影した風景や、デフォルトのカラーバック、スマホ内のアルバムの写真や動画を指定できるので、グリーンバックが用意できなくても簡単に配信が可能です。

着用者の頭の動きやまばたき、口の動きはJINS MEMEのセンサーによってアバターと連動し、表情やポーズを変更する場合はVTUNERアプリのアクションボタンで操作します。

アバターは3種類用意。オリジナルのアバターを取り込むこともできる

VTUNERアプリには、3種類のアバターが用意されています。自身のオリジナルのアバターを利用したい場合は、VRMデータであればVTUNERアプリに取り込んで利用可能です。

なお、VTUNERアプリは、JINS MEMEを応用する技術開発プロジェクト「JINS MEME LAB Project」の一環でリリースされています。ジンズによると、本アプリはお試しアプリとしての位置付けであるため、2022年1月末で配信を停止する予定とのことです。

また「JINS MEME LAB Project」では現在、頭と目の動きでPCやスマホを操作できる技術の研究開発をおこなっています。

アプリ「VTUNER」をダウンロード
EDITED BY
TOKIWA