iOS版Twitterの時間表記が英語から日本語に戻る、アプリのアップデートで適用

Android版とWeb版は当初より日本語表記

iOS版Twitterの時間表記が英語から日本語に戻ったことが話題となっています。Twitterアプリのバージョン8.92.1以上にアップデートすると、自動で日本語表記が適用されます。

iOS版のTwitterアプリでは、2021年11月中旬ごろのアップデート以降、ツイートの投稿から経過した時間が英語表記しか選択できない状態でした。Twitterを日本語環境で利用したいユーザーからは、視認性の悪さなどの不満の声が上がっていたようです。

左:英語表記(アップデート前) 右:日本語表記(アップデート後)

Twitterアプリをアップデートすると、ツイート投稿からの時間表記が「s」から「秒」、「m」から「分」、「h」から「時間」、「d」から「日」のように日本語での表記に戻せます。時間表記の日本語化は、日本語環境であれば自動的に適用されるため、Twitterアプリのアップデート後に必要な操作はありません。

なお、Android版TwitterアプリとWeb版Twitterは、当初より時間が日本語で表記されていました。そのため、アップデート等による変更はありません。

アプリ「Twitter」をダウンロード
EDITED BY
TOKIWA