バルミューダの5Gスマホ「BALMUDA Phone」、11月16日に発表へ

エッジを強調した特徴的なデザイン

家電メーカーの「バルミューダ」は2021年11月8日、同社の独自スマートフォン「BALMUDA Phone」を11月16日に発表することを明らかにしました。

バルミューダは、2021年5月に京セラを製造パートナーとして、携帯端末事業への参入を表明していました。また新たに「BALMUDA Technologies」というブランドを立ち上げ、IT機器やAV機器の製造、アプリやサービスの展開も予告しています。

「BALMUDA Phone」は、5G対応のスマホで、国内通信業者ではソフトバンクのみで取り扱います。一方で、SIMフリーモデルも同時に販売される予定です。

本体のエッジがディスプレイよりも高いデザインになっている

現時点で明らかになっている情報は多くありませんが、公開された端末本体の写真を見るに、画面上下のベゼル幅は広めで、インカメラを画面内に配置したパンチホール型のディスプレイであることが伺えます。また、本体のエッジがディスプレイよりも高く、ディスプレイが少し沈んだような独特なデザインも特徴的です。

2021年8月に公開された画像を見ると、曲線的なデザインの背面には、メインカメラと同程度のサイズの窪みがあります。この窪みには指紋などの何らかのセンサーが搭載される可能性も考えられます。

EDITED BY
TOKIWA