「iOS 15」「iPadOS 15」、9月21日から配信開始

iOS 15からセキュリティアップデートのみも可能に

Appleは「iOS 15」および「iPadOS 15」を2021年9月21日より配信すると発表しました。

iOS 15とiPadOS 15の機能については、2021年6月に開催された「WWDC 2021」において発表されており、AppleのWebサイトでも詳細が確認できます。

SharePlayでは動画コンテンツを通話相手と楽しめる

iOS 15では、FaceTimeの機能が大幅に刷新され、画面共有(SharePlay)や空間オーディオのサポートなど、FaceTimeでのビデオ通話体験をより向上させるような機能が目白押しです。

シチュエーションに合わせて通知をオフにするアプリが選べる「集中モード」

通知のデザインも一新され、アプリアイコンやユーザーアイコンがより大きく確認できるようになります。新機能「集中モード」を使えば、仕事や家族など選択したカテゴリに関係ないアプリからの通知をオフにすることも可能。「集中モード」は自分でカスタマイズできるので、さまざまなシチュエーションに合わせて集中できる環境を構築できます。

「ライブテキスト」は日本語に非対応。便利な機能なだけに早期の対応が望まれる

一方で、「ライブテキスト」や「Wallet」アプリへの身分証の追加、「マップ」アプリのナビゲーション機能の強化など、残念ながら日本語非対応もしくは日本国内のユーザーには利用できない機能もあります。特に「ライブテキスト」は、カメラで読み取ったテキストを抽出できるという便利な機能なので、日本語への対応が待たれるところです。

また、今回のアップデートより、iOSのバージョンをアップデートしなくても、セキュリティ設定のみアップデートできるようになりました。たとえば、iOS 14のデザインや機能をそのままにしておきたいという人は、バージョンはiOS 14のまま、セキュリティ設定のみiOS 15の内容にアップデートできるというわけです。

なお、iOS 15へのアップデートは多くの機能が追加されるメジャーアップデートとなるため、アップデートデータが数GB程度の大きさになると考えられます(iOS 14のサイズは2.83GBでした)。そのため、安定したWi-Fi環境下でのアップデートが推奨されます。

EDITED BY
TOKIWA