povo、月額基本料0円の新プランを発表 月間単位ではなく好きなタイミングでトッピング購入可能に

好きなタイミングで必要なデータ容量を購入できる

KDDIは、オンライン専用ブランド「povo」(ポヴォ)において、月額基本料0円をベースにデータ容量・通話・コンテンツなど10種類のトッピングを自由に選択できるオールトッピングプラン「povo2.0」を2021年9月下旬から提供開始すると発表しました。

あわせて、現在提供されているpovoのプラン名を「povo1.0」に変更し、2021年9月下旬に新規受付を終了するとしています。povo1.0に加入中のユーザーは継続して利用できますが、povo2.0に変更する場合はSIMカード・eSIMの変更などの手続きが必要です。

povo2.0は月額基本料0円のベースプランを契約したうえで、データ容量や通話に関するトッピング(オプション)をユーザーが自由に選択・購入するプランとなっています。ただし、180日以上有料のトッピングが購入されない場合、利用停止・契約解除になる場合があるといいます。

 
  トッピング 料金/回(税込)
データトッピング データ追加 1GB(7日間) 390円
データ追加 3GB(30日間) 990円
データ追加 20GB(30日間) 2700円
データ追加 60GB(90日間) 6490円
データ追加 150GB(180日間) 1万2980円
データ使い放題(24時間) 330円
通話トッピング 5分以内通話かけ放題 月額550円
通話かけ放題 月額1650円
コンテンツトッピング DAZN使い放題パック(7日間) 760円
smash.使い放題パック(24時間) 220円

※トッピングによるデータ追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbps

※国内通話料は22円/30秒、国内SMS送信料は3.3円/通(70文字まで、受信は無料)

※「5分以内通話かけ放題」の通話トッピングで1回の通話が5分を超えた場合、超過分は22円/30秒の通話料が別途発生

固定されたデータ容量を月間単位で購入するのではなく、ユーザーの好きなタイミングで必要なデータ容量を購入できるのが特徴。音声通話を中心に利用するなら、ベースプランに通話トッピングのみを追加することも可能です。

コンテンツトッピングは、使いたい期間だけ対象サービスを利用できて、さらにそのコンテンツのデータ通信が使い放題になるというもの。たとえば、観たいスポーツがある週だけ「DAZN使い放題パック(7日間)」を、休日の1日だけ「smash.使い放題パック(24時間)」を購入するといった使い方ができます。

povo2.0 デビューキャンペーン

povo2.0で対象のトッピングを購入したユーザーを対象に、最初に購入したデータ容量に応じて最大20GBのデータがプレゼントされます。エントリー期間は2021年9月13から(終了時期未定)、専用フォームに必要事項を記入したうえでの事前エントリーが必要です。

最初に購入したデータトッピング データボーナス(利用期間)
データ追加1GB(7日間) 300MB(3日間)
データ追加3GB(30日間) 1GB(7日間)
データ追加20GB(30日間) 10GB(15日間) 
データ追加60GB(90日間) 20GB(30日間)
データ追加150GB(180日間)
EDITED BY
AO