TwitterのAndroidアプリが開けない不具合が発生中、対処法は?

TwitterのAndroidアプリが開けない不具合が発生中、対処法は?

Android版Twitterアプリで2020年1月22日、バージョン8.28.0にアップデートすると強制終了を繰り返し、アプリが開かない不具合が発生しています。

Twitter Japanもアプリを更新しないように呼びかけており、アプリの修復が終わり次第、改めて案内するとしています。詳しい原因や復旧時期については明かしていません。

【1月23日追記】不具合が修正されたTwitterアプリの最新バージョン8.28.2が配信されました。

最新版へのアップデートは、下記よりGoogle Playでおこなえます。

不具合が生じているのはAndroid版のみで、iOS版やブラウザ版は正常に利用できる模様です。

Twitter 開かない 不具合

この問題に関して、多くのユーザーがさまざまな対策を試しており、端末のアプリ設定からTwitterのストレージを消去する方法や、Twitterアプリの再インストールで直るといった声があがっています。

筆者もAndroid版Twitterをバージョン8.28.0にアップデート後、この不具合に直面しましたが、ストレージの消去操作によって問題が解消されました(利用端末:Pixel 3)。

Twitter 開かない 不具合 Twitter 開かない 不具合

具体的には端末の「設定」を開き、[アプリと通知]→[Twitter]→[ストレージとキャッシュ]と進んだ画面で[ストレージを消去]を選択します。

この際、端末内に保存されたTwitterアプリのデータが削除されると表示されますが、問題なければ[OK]をタップして実行してください(各種設定はリセットされますが、アカウント情報やツイートなどが消えるわけではありません)。ログインをし直すこともなく、利用を再開できました。

今回、手元でうまくいった対処法を紹介しましたが、すべての端末やOSバージョンで改善できるかは不透明です。原則として、修正版アップデートを待つのが無難でしょう。アップデートが待てないという人は、ブラウザ版を利用するなどして急場を凌ぐ手もあります。