「Facebook Pay」が米国内でスタート、今後InstagramやWhatsAppにも対応予定

「Facebook Pay」が米国内でスタート、今後InstagramやWhatsAppにも対応予定

Facebookは2019年11月12日(米国時間)、独自の決済サービスである「Facebook Pay」を発表しました。

Facebook Payは、まずFacebookとMessengerでの決済を対象に今週からスタートするとしています。FacebookとMessengerでは、ゲーム内の購入やイベントのチケット、Messengerでの個人間送金、Facebook Marketplaceでの購入がFacebook Payで可能になるとのこと。Facebook Payの決済方法は、主要なクレジットカードとデビットカード、PayPalに対応しています。

今後Facebook Payは、傘下のサービスであるInstagramやWhatsAppでの使用も可能になる予定ですが、それぞれのアプリでの使い方や明確なサービス開始時期については言及されていません。

なお、Facebook Payのサービス対象者は、現時点で米国内でのユーザーに限られます。Facebookは、将来的にFacebook Payが使用できる地域を拡大していく方針ですが、こちらも具体的な地域や時期などの予定は提示されていません。

EDITED BY TOKIWA