手首で簡単測定「糖質ダイエットモニタ」を京セラが開発、採血なしで健康管理や糖尿病予備軍チェックが可能に?【CEATEC 2019】

【CEATEC 2019】手首で簡単測定「糖質ダイエットモニタ」で、健康管理や糖尿病予備軍チェックが可能に?

「CEATEC AWARD 2019」のスマートX部門で準グランプリを受賞した京セラ「糖質ダイエットモニタ」

「つながる社会、共創する未来」をテーマに、CPS/IoTの革新技術が一同に会する総合展示会「CEATEC 2019」が2019年10月15日から4日間、幕張メッセで開催されています。

中でも大きな注目を集めているのは、京セラが発表した「糖質ダイエットモニタ」。今回の出展の中から特に優れた技術・製品・サービスを表彰する「CEATEC AWARD 2019」で、スマートX部門準グランプリを受賞しています。

【CEATEC 2019】世界初の糖質ダイエットモニタで、食事による健康管理や糖尿病予備軍チェックが可能に?

手のひらサイズの白い機械が、糖質ダイエットモニタです。これは、回転や向きを検知できる”ジャイロセンサ”を用いた「橈骨動脈脈波(とうこつどうみゃくみゃくは)センサ」で、センサを手首に8秒ほど押し当てるだけで食前・食後の脈の変化が測定されます。

【CEATEC 2019】世界初の糖質ダイエットモニタで、食事による健康管理や糖尿病予備軍チェックが可能に?

食前・食後にモニタを脈に押し当て測ると、脈波パターンをグラフ化し、そのデータがスマホアプリに集約されます。グラフの脈波形状から食前・食後の糖代謝状態を推定し、健康管理やダイエット、糖尿病予備軍のチェックに役立てるというわけです。

この糖質ダイエットモニタは、針を刺して採血をする必要がないため、人体を傷つけることがなく衛生的です。また、持ち運びに便利な小型サイズで、毎日の食前後でも負担なく計測できるでしょう。

糖質ダイエットモニタは、現時点では臨床研究実施中になっており、その結果次第では商品化も期待できます。クオリティの高い健康管理が個々人でできるようになれば、医療費の軽減にも繋がるのではないでしょうか。

EDITED BY BOTAN