下げ止まり? ドコモの2013年2月の契約数は約14万件の純増

2013-03-07 21:13
記事タイトルとURLをコピーする

通信事業者別の携帯電話・PHSの契約数

電気通信事業者協会(TCA)は7日、2013年2月末現在の通信事業者別の携帯電話・PHSの契約数を発表した。

新規契約数から解約数を差し引いた純増・純減でみると、NTTドコモが14万3,400件の純増、KDDIが21万2,700件の純増、ソフトバンク・モバイルが25万5,300件の純増となった。

1月は1万2,900件の純減だったドコモは春モデルが奏功して純増に転じたが、MNPによる転出超過は9万3,200件。MNPによる転入超過はKDDIが6万2,900件でトップ、ソフトバンクが3万1,200件であり、iPhoneやiPadが引き続き好調な両社へのドコモからの流出は止まっていない模様だ。

なお、ソフトバンクは純増数で14カ月連続の首位となった。