ソニーが「Xperia Tablet S」の販売を一時停止、防滴性能の不具合で

2012-10-05 19:31
記事タイトルとURLをコピーする

Sonyは5日、9月より発売されている「Xperia Tablet S」 の『SGPT121JP/S』『SGPT122JP/S』『SGPT123JP/S』の一部製品に不具合があることから、販売を一時停止すると発表した。

Xperia Tablet Sが販売を一時停止

android-Xperia Tablet S

製造上の不具合によりディスプレイパネルと本体背面に隙間が生じ、仕様上の防滴性能(IPX4相当)が維持できない可能性があるという。すでに購入済みの対象製品については、無償での点検・修理を10月下旬から受け付ける。

「Xperia Tablet S」は、9.4インチWXGA/TFTカラー液晶のディスプレイを備え、CPUは1.4GHzクアッドコアのNVIDIA Tegra 3モバイルプロセッサを搭載したタブレット型端末。ストレージの容量別に3種類の型番となっているが、いずれも不具合の対象となっている。

対象製品を使用中のユーザーに対しては、点検・修理が完了するまでは水がかかる環境での使用を控えるよう呼びかけている。