日本通信、高速通信を使いたい時だけ利用可能な新サービス「Turbo Charge」を提供

日本通信は23日、月額約2500円/上限300kbpsのデータ通信プラン「b-mobileSIM U300」のオプションとして、高速通信を使いたい時だけ利用できる新プラン「Turbo Charge」を2012年8月下旬より提供すると発表した。

今年4月に発売された「b-mobileSIM U300」は、通信速度を300kbpsながらも月額換算2500円程度の低価格で利用できるデータ通信プラン。スマホユーザーを中心に利用者層が広がっている。

「Turbo Charge」は、普段は300kbpsで定額利用するが「時には高速で使いたい」といったニーズに応える形で、100MBをプラス525円で速度制限なしに使えるオプションとして展開する。

U300ユーザーは、専用のスマートフォン用アプリ「Turbo Charge」で100MBを購入すると、TurboスイッチをONにした時には高速通信が利用でき、OFFにすると低速通信になる。まさに「使う時」だけ高速にできる、ユーザーの利便性に配慮したサービスだ。