Googleが「Jelly Bean(Android 4.1)」を正式発表

2012-06-28 8:14

米時間6月27日に開かれた、開発者カンファレンス「Google I/O 2012」で、Android OSの最新バージョン、Android 4.1が発表された。開発コードネームは「Jelly Bean」。開発者向けのSDKは本日より公開されており、7月中旬よりGalaxy Nexus等への提供を開始する。


jelly-bean

「Jelly Bean」のUIは、直感的に操作できるよう設計されている。そして、Android4.0に比べて、より速くスムーズに動く。動画で見ると、大きな違いを確認できる。

文字入力では、サポートする言語が増えた。例えば、システム言語が日本語に設定されていれば、日本独自のフォントで表示されるようになる。また、アラビア語等にも対応し、右から左に書くのも可能になる。


jelly-bean

写真のように通知領域も改善され、不在着信があった場合にワンタッチで電話をかけ直すことができるなど、情報量が増えた。

ウィジェットはホーム画面上に作成する際に、自動で適切なサイズに変更してくれるという。

また、アプリのアップデートでは、必要なデータのみ更新する方式になる。これまでのように、すべてのデータをダウンロードする必要はなく、変更箇所のみダウンロードするので、アップデートが容易になる。

そのほか、音声入力がオフライン時でも利用可能になる、電話帳の写真で高解像度のデータが使用できるようになる等、様々な面で利便性が高まってる。