2012-06-12 23:04

東北大学とNECが待機電力ほぼゼロのLSIを開発、スマホ電池寿命10倍に


lsi-tohoku-univ-nec.jpg

東北大学とNECの産学連携チームは11日、世界で初めて、電子機器の待機電力ゼロのシステムLSI実用化に向けた技術を開発し、試作チップでの動作に成功したことを発表した。

現在、スマートフォンなどの電子機器に広く使われているメモリは「揮発性メモリ」と言われているもので、電源が遮断されるとメモリ上のデータも消失してしまうという特徴がある。この特徴により、揮発性メモリは電源の遮断や復帰に時間がかかるほか、常時通電しなければならないために、待機電力が大きいことが課題となっていた。

今回開発されたチップは「不揮発性メモリ」と演算回路をコンパクトに一体化し、「瞬時読出し可能な記憶の保持」機能と、「非稼働部の電源電圧を完全に遮断する」機能を両立させていることが最大の特徴。これによって、システムLSIの超低消費電力化だけではなく、大容量化に向けて大きく前進したことになり、近い将来の実用化が期待される。

このLSIが実用化されれば、以下のような電子機器が実現されるという。

  • 瞬時に起動する超低消費電力PC
  • 動いていないときは電源OFFできるスマホ
  • コンセントを抜かなくても省電力な電子機器

読売新聞などは、スマホの電池持ちが10倍になるとして、このニュースを報じている。