au「ARROWS Z ISW11F」のアップデート、3月29日開始

2012-03-29 11:46
記事タイトルとURLをコピーする

auは3月29日、「ARROWS Z ISW11F」の製品アップデートを開始すると発表した。対応方法はソフトウェア更新で、更新時間は最大75分。


android-au-ISW11F
    アップデートによる主な改善内容
  • 充電が出来ない場合があるのを改善(1月19日のアップデートと同内容)
  • 充電に時間がかかる場合があるのを改善(1月19日のアップデートと同内容)
  • 再起動する場合があるのを改善
  • 「マイコレクション」を起動できない場合があるのを改善

そのほか、より快適に端末を利用するための更新が含まれている。

アップデートの方法

    「ベースバンドバージョン」が「V37R33A」「V39R35E」「V41R37A」「V45R40B」の場合(「ベースバンドバージョン」は、「メインメニュー」→「設定」→「端末情報」で確認できる)
    本日以降の深夜から早朝の時間帯(午前1:00~午前6:00)にかけて、auスマートフォンを操作しなくても、ケータイアップデートが完了(自動更新)するよう順次データを配信される予定だが、手動更新でのケータイアップデートを行う場合は、エラーの発生を防ぐため、以下の手順で行う必要がある。
  • デスクトップでメインメニューを選択し、「設定」→「表示」→「バックライト」→「消灯までの時間」を「30分」に変更する。
  • デスクトップでメインメニューを選択し、「設定」→「端末情報」→「ケータイアップデート」→「アップデート開始」を選択する。
  • ケータイアップデートデータのダウンロード中は、画面が消灯しないよう、電源キーを押さないよう気をつける。
  • ケータイアップデートが完了したら、「表示」→「バックライト」→「消灯までの時間」を、元の設定に戻す。

手動更新を行う場合は、ケータイアップデートを2回実施することで、最新のソフトウェアバージョンとなる。ケータイアップデートが完了したら、再度アップデートを実施する必要がある(ケータイアップデート所要時間:1回目は約20分、2回目は約55分)

ベースバンドバージョンが上記以外の場合

  • 準備が出来次第、「auからのお知らせ」が送信されるので、画面のガイダンスに従って改善済みソフトウェアへの更新する