クアッドコア搭載Xperiaは2013年に登場、今年はバッテリー消費とのバランスを追求

2012-03-01 10:57
記事タイトルとURLをコピーする

Xperia

Sony Mobileの製品マーケティングマネージャーによると、Xperiaシリーズにクアッドコアプロセッサが搭載されるのは2013年を予定しているそうだ。

CNETの取材に対し、同マネージャーは以下のように語っている。

「我々はパフォーマンスとバッテリー効率のバランスがとれたタイミングでクアッドコア端末をリリースする。今はその時ではない。我々は今年後半に(現在の)クアッドコアアーキテクチャを(パフォーマンスで)上回ると感じているCortex A15アーキテクチャへ移行する」

「我々は、現状でユーザーがクアッドコアを必要とするほどパフォーマンスに苦しんでいないと評価している。2013年になればスペック要求の厳しいアプリケーションが出てくる。その時、我々はクアッドコアに移行するだろう」

MWC2012では、各社から続々とクアッドコアスマホが発表されているが、Sony Mobileはハイスペック競争に参戦するのではなく、ユーザーに対して別のアプローチを取るようだ。