ソフトバンクが新周波数を獲得へ、屋内通信環境の改善に期待

2012-02-29 10:41
記事タイトルとURLをコピーする

android-ソフトバンク

900MHz帯の周波数の割り当て先が、ソフトバンクになるようだ。2月29日に開かれる総務省の電波監理審議会を経て決定する方向だと、日経新聞Web版が2月29日に報じた。

障害物があっても電波が届きやすい周波数である900MHz帯。ドコモとauは800MHz帯の周波数を保有しており、ソフトバンクは通話品質の面で不利だと主張していた。

今回の決定はソフトバンクにとって追い風で、これまでのウィークポイントだった「電波が届きにくい」状況を改善できる。

料金プランの値下げ競争など、大手キャリアであるドコモとau、ソフトバンク間の争いは激化している。

ソフトバンクの通話品質にストレスがないとユーザが感じる状況になれば、キャリア選択の基準でサービス内容の重要性が増す。スマートフォンのユーザが増加し続けるなかで、さらなる料金値下げなどが起こるかもしれない。

ユーザにとっては選択の幅が広がり、よりよいサービスを享受できるチャンスが増えるのではないだろうか。

※当初は「ソフトバンクが新周波数を獲得へ、通信品質でドコモとauに並ぶ」という見出しでしたが、並ぶという表現は適切ではない可能性があるので、修正いたしました。