SamsungがGalaxy Tab 2 (7.0) を発表、Android4.0搭載のKindle Fire対抗タブレットか

2012-02-14 0:25
記事タイトルとURLをコピーする

android-GALAXY-Tab-2-7_image

Samsungは13日、Galaxy Tab 2 (7.0) を発表した。Samsungとしては初のAndroid 4.0を搭載したタブレットで、エントリーモデルに位置づけられているものと思われる。

Galaxy Tab 2 (7.0) は、7インチサイズのタブレット端末で、3G対応版WiFiのみのバージョンが存在するとのこと。3月から世界市場で販売される予定だ。

気になるスペックだが、Samsungの端末では初となるAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)を搭載しており、プロセッサは1GHzデュアルコアとなっている。
スペック的には7インチサイズで、前世代的なプロセッサを採用していることから、ハイエンドタブレットだったGalaxy Tabの後継機という位置付けではなく、エントリーモデル(廉価なモデル)という位置付けになるものと思われる。

スマートフォンとタブレット端末メーカーの覇者を目指すSamsungは、タブレットシェアの第2位を占めているAmazonのKindle Fireや、発売前であるにもかかわらず、既にかなりの注目を集めているASUS Eee Pad MeMO ME370Tに対抗するための戦略的製品として、Galaxy Tab 2 (7.0) を投入してくるのだと思われる。

Galaxy Tab 2 (7.0) スペック

  • OS:Android 4.0
  • サイズ:約193.7 X 122.4 X 10.5mm
  • 重さ:約344g
  • ディスプレイ:7インチ、WSVGA(1024×600)TFT PLS
  • チップセット:1 GHzのデュアルコア
  • メモリ:RAM 1GB、ROM 8/16/32GB
  • アウトカメラ:約300万画素
  • インカメラ:ビデオ通話用カメラ
  • ネットワーク:HSPA + 21Mbps 850/900/1900/2100
  • バッテリー容量:4000 mAh