ソフトバンク、Android4.0搭載「AQUOS PHONE 104SH」発表

2012-02-10 20:12
記事タイトルとURLをコピーする

android-aquos-phone-104sh

SoftBankは9日、Android 4.0を搭載する初の国産スマートフォンになる「AQUOS PHONE 104SH」を発表した。10日より予約を受け付けており、2月下旬以降の発売を予定している。

「AQUOS PHONE 104SH」は、日本ではドコモから発売されているGalaxy Nexus SC-04Dに続くAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)を搭載したスマートフォン。Android 4.0は国内メーカーのスマートフォンには初めて採用された。
4.5インチの高精細HD液晶ディスプレイに、1.5GHzデュアルコアCPUを搭載しており、下り最大21Mbpsの「ULTRA SPEED」にも対応しているため、軽快な動作が期待できそうだ。

おサイフケータイやワンセグ、赤外線通信機能は搭載していないが、防水機能を持っている。Android 4.0というと、NFCに標準対応しているのが特徴のひとつだが、「AQUOS PHONE 104SH」は非対応となっているので注意。

価格は、機種変更一括払いで76,320円、月月割額が980円となっている。

主なスペック

  • OS:Android 4.0
  • サイズ:約 幅65×高さ129×厚さ9.0(最薄部8.9)mm
  • 重さ:約126g
  • ディスプレイ:約4.5インチ、解像度HD(1280×720)、NewモバイルASV液晶(最大1677万色)
  • チップセット:OMAP4460 デュアルコア1.5GHz
  • メモリ:RAM 1GB、ROM 16GB
  • アウトカメラ:約1210万画素/CMOS
  • インカメラ:約30万画素/CMOS
  • データ通信速度:下り最大21Mbps、上り最大5.7Mbps
  • ネットワーク:Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth(Ver.3.0)
  • 連続通話時間:約500分(3G)、約380分(GSM)
  • おサイフケータイ:×
  • ワンセグ:×
  • 防水:◯
  • 赤外線通信:×
  • 緊急地震速報:◯
  • カラー:ライジング サン/ディープ オーシャン