LINEのトークでのメッセージ(文章・スタンプ・写真・動画)の削除方法──送信取り消しとの違いや通知などの仕組みを解説

2019-04-24 19:31
記事タイトルとURLをコピーする

LINEのトークでのメッセージ(文章・スタンプ・写真・動画)の削除方法──送信取り消しとの違いや通知などの仕組みを解説

LINEで誤字・脱字のある文章や意図しない写真を送ってしまったとき、相手にバレることなくメッセージ送信の事実をなかったことにしたいと考える人は多いはず。そこで紛らわしいのが、メッセージの「削除」と「送信取り消し」の両機能です。

相手のトークルームからもメッセージを消せるのは、削除か送信取り消しのどっちなのか、また、削除したことは相手にバレるのか、既読・未読の状態は関係あるのかなどの疑問を感じる点が多くあるかと思います。

そこで本記事では、メッセージの削除と送信取り消しの機能の違いから、削除の手順、削除したメッセージが復元できるかなどを解説します。また、「削除」以外でLINEにアップされた写真を消す方法などについても紹介します。

メッセージの「削除」と「送信取り消し」の違い

さっそく、LINEにおけるメッセージの「削除」と「送信取り消し」は何が違うのかについて見ていきましょう。

メッセージの「削除」とは:送信した内容を相手のトーク画面からは消すことができない

メッセージの「削除」とは、自分のトーク画面からメッセージなどのLINEで発信された情報を削除できる機能です。1対1トーク、グループトーク、複数人トーク問わず、相手が送信したメッセージであっても削除可能です。

削除できる対象はメッセージのほか、スタンプや絵文字、画像(写真)、動画、ボイスメッセージ、リプライ、LINE MUSICの楽曲、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴、入室/退出の履歴などとなっています。

削除する時に表示されるアラート

ただ、削除する時に表示されるアラートにも記載されているように、この機能では相手のトーク画面からあなたのメッセージを消すことはできません。メッセージが未読の時点で消したとしても、そのまま相手側のトークには残りつづけます。

自分のトークでは削除された相手のトークでは削除されずに残っている

左:自分のトークでは削除された右:相手のトークでは削除されずに残っている

試しに自分側でメッセージを削除してみても、相手側のトークには残ったままでした(既読・未読は無関係)。結局のところ、自分がメッセージを削除したとしても、相手のトーク画面ではメッセージが削除されないため、この削除機能は対外的には意味をなしません。

実際、LINE公式ブログでは「トーク内容が多すぎて過去の大事なメッセージが探しづらい場合に不要なものを削除して見やすく整理できる」と説明されています。そのとおりでしょう。

メッセージの「送信取り消し」とは:24時間以内に送信した内容を相手のトーク画面から消すことができる

LINEのメッセージの「送信取り消し」とは、24時間以内であれば自分が送信したメッセージを自分と相手のトークから消すことができる機能です(バージョン7.12.1以降)。

取り消せる対象は、自分が送信したメッセージ、絵文字、画像(写真)、動画、ボイスメッセージ、LINE MUSICの楽曲、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴などとなっています。相手が送信したメッセージや写真は取り消すことができません。

バージョン7.12.1以降で利用できる

この送信取り消し機能は、LINEアプリ(iOS/Android版)のバージョン7.12.1以降で利用できます。もし使えない時はアプリを最新バージョンにアップデートしましょう。

自分が送信を取り消す相手のトーク画面でもメッセージが削除される

左:自分が送信を取り消す右:相手のトーク画面でもメッセージが削除される

メッセージを取り消す方法や通知や履歴が残るかなどの詳細については、下記の記事を参照してください。
【LINE】送信メッセージ「取り消し」方法と、通知で相手にバレないのかなど仕組みを徹底解説

LINEのトークからメッセージや写真を削除する方法

メッセージ以外のスタンプや絵文字、写真、動画などを削除する場合も以下と同様の手順です。

消したいメッセージを長押しする削除をタップ

トークルームで消したいメッセージ(テキストやスタンプ、写真、動画など)を長押し(ロングタップ)して、[削除]をタップします。

削除するメッセージを選択

「メッセージを削除」の画面に移動したら、消したいメッセージを選択し、[削除]ボタンをタップします。複数のメッセージやスタンプなどをまとめて選択、一括で削除することもできます。

また、この「メッセージを削除」画面は、トーク画面上部のメニューで[トーク編集]を選択し、メッセージを削除(iOS)/削除(Android)をタップすることでも表示できます。

アラートが表示される

[削除]ボタンをタップすると、相手のトーク画面からメッセージを消すことはできない旨を確認するアラートが表示されるので、問題なければ[削除]をタップします。

メッセージが削除され、元のトーク画面に戻る

トークからメッセージを削除しても相手に通知されない

前述のとおり、トークルームでメッセージを削除しても相手にはなにも影響がありません。そのため通知やメッセージが相手に届くこともありません。

実際にメッセージが削除された自分のトーク画面を相手にその場で目視されること以外で、削除した事実がバレることはないでしょう。

【LINE】トークやメッセージを削除すると、既読・未読が変化したり相手にバレたりするのか徹底検証

削除したメッセージや写真はトーク履歴の一部として復元できる

iCloudやGoogleドライブなどでトーク履歴のバックアップを取得していた場合のみ、メッセージや写真、動画などのトーク履歴を復元できます。

ただし、復元されるのはトーク履歴の全体であって、一部のメッセージだけを復元することはできません。あくまでもトーク履歴の一部として復元できるというわけです。

iOS版の復元画面Android版の復元画面

左:iOS版の復元画面右:Android版の復元画面

また、iPhone版LINEでトーク履歴を復元する場合、アプリを一度アンインストール(端末から削除)してログアウトし、再びLINEにログインしなければなりません。

Android版ではLINEの「友だち」タブの設定ボタン[]から[トーク]→[トーク履歴のバックアップ・復元]と進み、[復元]をタップするとトーク履歴が復元できます。

復元にはそれなりに手間がかかります。しっかり残しておきたいメッセージであれば、ノートにメッセージをコピーして保存したり、LINEのKeep(キープ)機能に保存しておくとよいでしょう。

「削除」機能以外でLINEにアップされた写真を消す方法

意図しない写真をLINEにアップロードしてしまった・されてしまったという人は多いと思います。しかし前述したようにトークルームの写真を「削除」しただけでは相手側のトークには残ったままです。

「削除」以外の方法で写真をLINEから消したい人は、写真が共有された方法ごとに下記の方法を試してみてください。

24時間以内であれば送信取り消し機能を使う

写真が送信されてから24時間以内の場合は、送信の取り消しをおこなうことで自分と相手のトークルームから写真を消すことができます。

写真の送信を取り消す

ただし、送信取り消しができるのは、自分が送信した写真に限ります。相手が送信した写真を取り消すことはできません。

アルバムに投稿された写真を削除する

LINEで写真を共有する場合、トークに貼るのと同じくらい多いのが、アルバムに投稿するケースでしょう。アルバム内の写真であれば、相手が投稿した写真であってもいつでも自分で消すことが可能です。

アルバムから写真を削除すると、アルバムを共有しているすべての人が写真を閲覧・保存できなくなります。

シェアボタンをタップ削除をタップ

アルバムの中で削除したい写真をタップして開きます。左下のシェアボタンをタップするとメニューが表示されるので[写真を削除](iOS)/[削除](Android)を選択します。

アラートが表示されるトークルーム上で削除を知らせるメッセージが表示

アルバムから削除した写真は復元できないことを確認するアラートが表示されるので、問題なければ[確認]をタップします。なお、アルバム内の写真が削除されると、トークルーム上でメッセージが表示されます。

また、アルバムをまるごと削除することもできます。

iOS版アルバム削除画面Android版アルバム削除画面

左:iOS版右:Android版

削除したいアルバムをタップし、メニューボタン[](iOS)/アルバム名(Android)をタップします。

ノートに投稿された写真を削除する

ノートに投稿された写真は、自分が投稿したものならいつでも削除できます。削除するとノートを共有している人すべての人が写真を閲覧・保存できなくなります。

ただし、削除されるのは1回の投稿まるごとです。投稿の中から写真1枚を選んで削除することはできません。

「投稿を修正」をタップアラートが表示される

削除したい投稿の右上にある[]ボタンから[投稿を修正]をタップします。すべて削除されることを確認するアラートが表示されるので問題なければ[OK]をタップします。

写真の閲覧・保存期限が切れるのを待つ

LINEトーク上でやりとりした写真や動画は、一定期間経過すると送信側も受信側も写真を読み込めなくなり、閲覧・保存ができなくなります。読み込めなくなるまでの期間は、以前は2週間とされていましたが、現在は公表されていません。

保存できない? LINEで受信した写真や動画の保存期限とバックアップ方法

一定期間経過すると閲覧・保存ができなくなる

ただし、トークに送信された写真を一度でもタップして拡大表示すると、キャッシュとしてLINEアプリ内に画像データが保存され、時間が経過しても閲覧・保存ができる場合があるようです。

検証したLINEのバージョン:iOS版9.1.0、Android版9.1.1

EDITED BY MOEGI