iPhoneでキーボードを素早く変更する(切り替える)方法

日本語かな/日本語ローマ字/絵文字/英語キーボード4種の効率的な変え方

iPhoneでキーボードを素早く変更する(切り替える)方法【日本語かな/日本語ローマ字/絵文字/英語】

iPhoneには複数のキーボードが用意されています。日本語を入力したいときや、アルファベットや数字を入力したいとき、絵文字を入力したいときなど、入力したい文字の種類に合わせてキーボードを切り替えながら使い分けると、文字入力の効率がアップします。

本記事では、iPhoneで使いたいキーボードに素早く変更する方法を解説します。

【基本】iPhoneでキーボードを切り替える

初期状態では、4種類の内蔵キーボード(日本語かな/日本語ローマ字/絵文字/英語)が用意されています。

iPhoneで不要なキーボードを削除する方法

キーボードを切り替えるには、キーボードを表示した状態で左下にある地球儀ボタン[]をタップします。地球儀ボタン[]をタップするたび、日本語かな→日本語ローマ字→英語という具合にキーボードが順番に切り替わります。

また、絵文字ボタン[]をタップすることで絵文字キーボードに切り替えられます。

iPhoneキーボードの切り替え

日本語かなキーボード

iPhoneキーボードの切り替え

日本語ローマ字キーボード。英語キーボードとは「空白」や「改行」などがある点で異なる

iPhoneキーボードの切り替え

英語キーボード。日本語ローマ字キーボードとは違い、「space」「return」となる

iPhoneキーボードの切り替え

絵文字キーボードのみ絵文字ボタン[]をタップして切り替える

iPhoneのキーボードを素早く切り替えるコツ

地球儀ボタン[]の位置はキーボードによって異なるため、連続してキーボードを切り替えたいときにストレスを感じることがあります。

ここで覚えておきたいのは、地球儀ボタン[]の長押しによってキーボードのリストを表示できるということ。リストを表示して切り替えれば、目的のキーボードが何番目にあっても一瞬で切り替えられます。

1地球儀ボタンを長押しする

iPhoneキーボードを切り替える方法

デフォルトでは4種類のキーボードが順に並んでいる

地球儀ボタン[]を長押しすると、キーボードのリストが表示されます。

2キーボードを選択する

iPhoneキーボードを切り替える方法

4番目の英語キーボードを選択した

利用したいキーボードをタップします。指を離さずスライドして選ぶこともできます。

[キーボード設定…]を選択すると設定アプリのキーボード設定画面に切り替わります。

3キーボードが切り替わる

iPhoneキーボードを切り替える方法

順番を飛ばして英語キーボードに変更された

何度もタップすることなく、目的のキーボードに切り替わります。

iPhoneキーボードの順番

1番目の日本語かなキーボードから4番目の英語キーボードに切り替えた

1タップで直前のキーボードに戻る

キーボードを切り替えるには、地球儀ボタン[]をタップするごとにキーボードを順に変更していき、目当てのキーボードに変更するのが基本です。

しかし、地球儀ボタン[]でキーボードを順に切り替えようとした際に「キーボードの切り替わり順が一定しない」と感じたことはないでしょうか。実は、これはiPhoneキーボードの仕様で、バグなどではありません。「切り替わり順がおかしいな」と感じたなら、その直前に使っていたキーボードに戻っているはずです。

たとえば、日本語ローマ字キーボードを使用した後に英語キーボードを使用し、そのタイミングで地球儀ボタン[]をタップすると、再び日本語ローマ字キーボードに戻る仕組みになっています。いま使用したばかりのキーボードの直前に使用していたキーボードに一発変更できるのです。

iPhoneキーボードの順番

日本語ローマ字キーボードは2番目、英語キーボードは4番目。順番が連続していないが…

iPhoneキーボードの順番

英語キーボードを使った後に地球ボタンを1タップすれば、直前に使用していた日本語ローマ字キーボードに戻れる

この仕組みが採用されている理由は、キーボードを順送りで変更するよりも、直前に使っていたキーボードに1タップで戻れたほうが実用的であるから。

頻繁に使うのが日本語ローマ字キーボードであるなら、一時的に英語キーボードを使ったとしても、1タップでホームポジションである日本語ローマ字キーボードを使えるようにしているわけです。

iPhoneで記号・文字の入力を高速化する5つのテクニック:日本語キーボード編
iPhoneのキーボードから絵文字、マイクボタンを非表示にする(消す)方法

検証端末:iPhone XR(iOS 13.4)

EDITED BY AO