【iPhone】テキストを範囲選択/全選択してコピー&ペースト(コピペ)する方法を徹底解説

【iPhone】テキストを範囲選択/全選択してコピー&ペースト(コピペ)する方法を徹底解説

iPhoneでメモの内容をほかのメモに転写したり、ブラウザで表示しているコンテンツを他のアプリに貼り付けたりするときは、コピー&ペースト(コピペ)に関する機能を使います。

しかし、iPhoneは画面が小さいので、慣れていないと複製したいテキストなどを選択しづらいと感じることがあります。ストレスなくコピペを実行するには、すこしコツが必要です。

そこで本記事では、iPhoneでテキストやSafariのURLなどをコピペする方法を解説。さらに、コピー履歴を保存できる便利なコピペアプリも紹介しています。

ここでは原則として「メモ」アプリと「Safari」アプリを使用した場合の範囲選択やコピペの方法について掲載しています。アプリによっては若干挙動が異なることがあります。

iPhoneでテキストをコピペする

まずはじめに、iPhoneでテキストなどをコピーおよびペーストする方法を解説します。

テキストを範囲選択してコピーする基本テクニック

iPhoneでテキストをコピーするには、最初にコピーしたいテキストの範囲を選択します。メモアプリやブラウザアプリ(Safariなど)でも操作方法は基本的に同じです。

コピーするテキストの範囲を選択する

【iPhone】テキストの範囲を選択

選択範囲を拡大・縮小

まず、コピーしたい単語もしくは文節の先頭をダブルタップし、2回目のタップ時に指を画面から離さないようにします。単語が選択された状態になったら、そのまま指を左右にドラッグすれば、選択範囲を拡大・縮小できます。

単語の先頭をダブルタップしたあと指を画面から離した場合でも、単語が選択された状態は維持されます。この状態から選択範囲を変更するには、選択された部分の左右にある選択ハンドルをドラッグします。

選択ハンドルとは、選択範囲の両端に表示される縦線のこと。選択ハンドルは上または下に丸い点が付いている(始点側は上、終点側は下)。段落全体を四角形で選択できる場合、選択範囲の上下左右に丸印が表示される形になることもある。

【iPhone】テキストの範囲を選択

また、カーソル付近をタップして編集メニューから[選択]をタップし、選択ハンドルをドラッグする方法もあります。

【iPhone】テキストの範囲を選択

[すべてを選択]ですべてのテキストを選択

メモアプリなどのテキスト入力画面でカーソル近くの部分をタップすると、編集メニューで[すべてを選択]を選択すると、すべてのテキストを選択したうえで[コピー]や[ペースト]を利用できるようになります。

テキストをコピー/カットする【メモアプリなど】

【iPhone】コピーする

メモアプリでは[カット]ができる

編集メニューは、範囲選択しているアプリによって異なります。メモアプリなどテキストを編集できるアプリであれば、[カット][コピー][ペースト]などの編集メニューが表示されます。

[カット]を選択すれば選択したテキストが削除(切り取り)されてクリップボードにコピーされ、[コピー]を選択すればテキストは削除されずそのままクリップボードにコピーされます。

iPhoneのキーボードでカーソルを移動させる4つの方法

Safariでテキストをコピーする

【iPhone】コピーする

ブラウザアプリでは[コピー]のみ

Safariなどのブラウザアプリでテキストをコピーする方法は、メモアプリとほぼ同じです。コピーする範囲を選択したら、[コピー]をタップするだけです。

ブラウザアプリのテキストは編集できないため、[カット]や[ペースト]は選択できません(そもそも表示されません)。ブラウザアプリでコピーしたテキストは、メモアプリやLINEアプリなどにペーストしましょう。

iPhoneでテキストなどをペースト(貼り付け)する

メモアプリやブラウザアプリ上でコピーしたテキストは、メモアプリやLINEアプリのメッセージなどにペースト(貼り付け)できます。

【iPhone】テキストをペーストする

テキストをペースト

テキスト入力でカーソル近くの部分をタップすると編集メニューが表示されます。続けて[ペースト]をタップすると、クリップボードにコピーされたテキストをペーストできます。

【iPhone】テキストをペーストする

写真をコピーしてメモアプリに貼り付け

クリップボードに写真(画像ファイル)がコピーされていれば、写真もペーストできます。

ウェブサイトのURLを全選択してコピペする(Safari)

Safariで閲覧しているウェブサイトのURLをコピーすることもできます。

【iPhone】URLをコピー&ペーストする 【iPhone】URLをコピー&ペーストする

左:URL入力バーを長押し右:[コピー]を選択

画面上部のURL入力バーを長押しし、編集メニューで[コピー]をタップ。これでURLをコピーしました。

【iPhone】URLをコピー&ペーストする

「検索/Webサイト名を入力」部分にURLを貼り付け

コピーしたURLを貼り付けてウェブサイトを開きたい場合、URL入力バーをタップし、入力画面を再びタップ。[ペースト]をタップするとURLが入力されます。また[ペーストして開く]をタップすると、クリップボードにコピーされたURLがペーストされてウェブサイトが開きます。

写真をコピペする(写真アプリ/Safari)

写真(画像ファイル)をコピーするときは、アプリによって操作手順が異なります。

【iPhone】写真をコピーする 【iPhone】写真をコピーする

「写真」アプリで写真をコピー

たとえば「写真」アプリなら、写真を表示(または選択)した状態で画面左下のアクションボタン(共有アイコン)をタップして、シェアシートで[写真をコピー]をタップします。

【iPhone】写真をコピーする 【iPhone】写真をコピーする

Safariで画像ファイルをコピー

Safariで画像ファイルをコピーする場合は、画像ファイルを長押しし、[コピー]をタップするだけです。

コピペアプリを使えばクリップボードに履歴も残せる

本来、iPhoneのクリップボードにはひとつのテキストしかコピーを保存できません。そのため、クリップボードにコピーすると以前のクリップボードは上書きされてしまい、過去にコピーした履歴が残ることはありません。

しかし、専用アプリを利用すればコピーした履歴を保存できます。ここでは、「Copy Center 2」を紹介します。iPhoneでテキストをコピーするとクリップボードに履歴が保存され、クリップボード一覧から再びコピーしてペーストできます。

アプリ「CopyCenter 2」をダウンロード
CopyCenter 2

【iPhone】コピペアプリ CopyCenter2 【iPhone】コピペアプリ CopyCenter2

左:過去にコピーした内容は蓄積される。一覧からテキストを選択すると「現在のクリップボード」に表示される右:全6つのフォルダに分類できる

使い方は簡単。通常の方法でテキストをコピーすると、「Copy Center 2」のクリップボードにコピーした内容が蓄積されていきます。

画面上部に「現在のクリップボード」が表示されているので、過去にコピーしたクリップボードを選択すると「現在のクリップボード」が入れ替わります。この状態でテキストをペーストすると、「現在のクリップボード」に選択されているテキストがペーストされます。

コピーしたテキストはメインフォルダに加えて5つのフォルダに保存でき、各フォルダ50個まで(合計最大300個まで)保存可能です。

検証端末:iPhone XR(iOS 14.0)

EDITED BY AO